読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Goodbye Happiness, Hello Sadness

LINEよりSnail Mail

ミッション127日目

・やっっっっっっっと(いちまんはっせんえんかかった)
やっとこさ彼氏くんがまたポーランド帰って婚姻要件具備証明書、無事発行できたとか!しかも時間かかるとか言っておきながら1日で*1。うっわああああ長い道のりだった…。ちなみに、彼氏くんがロンドンでお役所に電話かけたら、「独身証明できればなんでもええ」とか言ってたのに「いや日本の婚姻要件具備証明書ないとダメだし」とか言い出したり、首尾一貫っていう言葉をポーランドに贈りたいんですけど、結局何が良かったのかよくわからないや…ヽ(;´ω`)ノ
3枚送りつけたのは無駄ではなかったっぽいヽ(;´ω`)ノ

なお、最初「作るの14日かかる」とか言い出してて、おいおいおい日付増えてるじゃないかと思ったんだけど、窓口に日本の書類持って行ったら
役「うっそー!あんた日本で結婚すんの!?うおおおおおおすげえええええ!え?14日後だと取りに来れないって?今日は無理だけど明日の朝までには作ってあげるよ!」
…いつも言う事聞かない役所が超テンション高くて「ポーランドの役所がこんなにサービス良いの初めてで超驚きなんだけどヽ(;´ω`)ノ」だって( ̄◇ ̄;)

ちなみにですね…ネットで一応他の人のこと調べたら日本の役所も自治体によって対応に相当な差があるらしく(本人はおろか代理人の提出でも可の自治体と、全くダメ、2人揃って来いの自治体とか、何故か在日◎◎国大使館の日本語訳された書類でないと認めないとか言い出す自治体と…)一応、うちの自治体は「本人は来なくてもいける」「婚姻要件具備証明で大丈夫」「邦訳も自分で可」って言われてるんですけど…最初の一言目があまりにいい加減なことを言われたため、ちょっと怖いので出生証明書と、彼のパスポートのコピーも送ってもらうことに。本当は本人が来るのが一番いいんですけどね…。調べれば調べるほど日本の役所も国際結婚に関してはバラバラであるということだけがわかって恐ろしい…涙
役所にきちんと聞くことと、相手の国籍や婚姻要件具備証明書によってやはり話が変わってくるみたいで、ネットの情報も頼りにならないな〜…
ほんと、先月の彼の大失敗がかなり痛い(´;ω;`)ブワッ
Fingers crossed....

・前回の件で
ちゃんとイギリスの郵便料金(ポストカード)を調べたよ。
イギリスから世界各国にポストカード(定型郵便と呼んでいいのか…)を送る料金は£1.05。これは全世界共通みたい(2016年現在)
f:id:misiu_teddy:20161109185524j:plain:h200
それで、1stは64p、2ndは55p、2nd Largeは75p。なので上記のポストカードの送付料金は
2nd Large(75p) + 20p + 10p = £1.05

…。

まぁ、彼氏くんは知らなかったんだけど。(´・ω・`)何年イギリスに住んでるんだ…

しかし、1通が約140円というのは高いなぁ〜。しかもポンド安なのに…。日本の国際郵便料金(ポストカード70円)は破格だな〜。ポーランドもどうやら6ズウォティ(約130円)みたいだよ。

そういえば、届かないいってた都内から出したポストカード、ようやっと彼氏くんの元に届いたみたい。20日ぐらいかかった。こんなにかかったのは初めてだよ…汗
まだクリスマスカードには早いと思うんだけど…(´・ω・`)

*1:っていうか〜、日本の婚姻要件具備証明書は30分で発行してくれたんですけどぉぉぉぉおおお。しかも相手の人の名前とか国籍とか口頭でオッケ〜…