Goodbye Happiness, Hello Sadness

LINEよりSnail Mail

ミッション165日目

ずっと書いてなかった銀行口座の話。やっと決着ついた

・銀行口座が開かない その1
銀行口座がないと何はともあれ色々困っちゃうので、とりあえず留学生&ワーホリ御用達と言われるロイズ銀行(近所)に行ったんだけど…

長蛇の列…しかも、前の黒人カップルが銀行残高の件でもめてる…。彼女は英語が話せないみたいで、彼が逐一通訳…_| ̄|○

待ってたら行員が「何かお困りです?」ってやってきて、「オンライン申請してから来てください」ってなった…
ので、オンライン申請して、また旦那の休みに銀行にやってきた。そしたらまた行列…しかもアポイトメントとってきてくださいって…。もう疲れてバークレーズに行ったんだけど(また長蛇の列…

銀「この賃貸契約書だけではダメですね。光熱費の支払い請求書かカウンシルタックスの請求書を持ってきてください。なので、光熱費の支払い請求書はまず電力会社に連絡してそこからオンラインで申請しt(ry」

テディは、英語を聞くのを、やめた!

結局ロイズに戻って、長蛇の列に並んだところ…
夫「奥さんの銀行口座開設したいんです。オンラインから申し込みもしたし、パスポートも賃貸契約書も持ってる」
銀「Lovely」
お、いけるんかい?のんび〜り進める受付のおねーちゃん…。「ミス?ミセス?」(いや、旦那が「うちの嫁」っつってんじゃん!?)、とか、「パスポートにミドルネーム無いんですけど?」(変なパスポートにした私が悪いが、カッコ書きで旧姓載ってんじゃん!)とか…。結局申し込みできたんだけど…

翌日、こ、断られた…(´;ω;`)ブワッ
しかも断りの文送るのだけは早いんかい!!!

ふっざけんな、(ピー)万円は持ってるんだぞ、絶対そこらへんの連中よりは金もってんぞこの(ry

…あ、やばい。下品な言葉が(いつもか)…とほほ…。
ただですね、英会話教室の先生も最初、日本の某大手銀行は断られたみたいで、単純にイギリス非難はできないんだけどね(´・ω・`)しかもその先生が他のところでいとも簡単に口座開設できた理由はコネだし…コネって大事だね…

嘆いたら友達から電話かかってきた。
友達曰く、「職場の日本人同僚に聞いたんだけど、ピカデリーサーカス、日本大使館近くのロイズ銀行が日本人に緩いみたい」だそう。なんかRPGみたいになってきた…ヽ(;´ω`)ノ

で、旦那くんがカウンシルタックスに私の名前を載せることに。載せると単身割引25%効かなくなるがしょうがない。ところがこいつが、もう…。旦那くんが連絡してようやく送られてきたら、思い切り私の名前が間違ってる_| ̄|○
旦那くん再度クレーム。でも1週間経っても来やしない。夫婦喧嘩に発展し、旦那くん、電話でもう1度聞いたみたい。そしたら「来てくれりゃその場で直して印刷する」ってなったらしいヽ(;´ω`)ノ

英会話教室の先生(アメリカーン)から「どうなった?」って連絡来たので

私「…正直、イギリスはチョットレイジーだねえ〜…
先「だからポーランド人が働いてんじゃん。

いやまぁ、イギリス人全員でもないし、ポーランド人だって全員真面目なわけじゃあないけどね…。やはり日本より遅いっす…日本が迅速すぎるだけかヽ(;´ω`)ノ

・銀行口座が開かない その2
それで、旦那くんの休みにカウンシルタックスの請求書を再度印刷してもらいオフィスに行ったら、ここで旦那くんがブチ切れ…。旦那曰く電話で「来れば印刷するよ」と言われたそうなのだけど旦那がいくら粘っても「無理」の一言。でもここで私は旦那くんに一つ疑問が

なんで、間違った請求書持ってこないの…?(; ・`д・´)

旦那くん、普段超温厚だけど一度怒ると止まらないんよね…。それで、結局私が家まで帰って間違った名前の請求書を持ってきて、旦那が粘ってもう一度カウンターに行き、断られた人とは別の、足のキレーな美人黒人姉ちゃんに間違った請求書とパスポートを見せたら

美「あらあら、ほんとね。ごめんなさい。すぐ印刷しなおすわ」

で、すぐもらえた。やっぱ旦那任せはダメだな…(ぽつり)
夫「うおおおお君はライフセイバーみたいだよー!!\(^o^)/」
私「ちょーせんきゅーせんきゅー!\(^o^)/」
って二人で言ったらお姉さんが「おほほほほ、ラブリー(^▽^*)」とか言って笑ってくれた

さてそれを持って、前述の『日本人に甘いと噂のロイズ銀行ピカデリーサーカス支店』までわざわざ行くが、カウンターのお姉さんいい顔しない…。

銀「あんたらMrsで申請してたのに、この請求書Msなんだけど。

うそやん…MrsでもMsでも既婚者なんだからどっちでもいいじゃん…。とか思うんだけど、英国ではMsはどうも主流じゃないっぽい上に重要…?か…??_| ̄|○(でも帰り際に会った旦那くんの同僚さんは「どうでもよくね?」的な)
ちなみに私にはビザらしきものがない…。EU国籍者の家族はEU国籍者と同等に扱うため、実は英国滞在には厳密には明確な「ビザ」がいらないんだな…(これについてはそのうち書くけど…)
銀行員の態度が恐ろしかったので、日本国大使館発行の婚姻証明書(英文)までコピー提出して帰った

それで、旦那くんと夜話し合って、もう口座ダメでも旦那くんいるから飯も家もあるし、別に贅沢することもないし、日本のクレカも多少の日本円現金もあるから、まずとりあえずレジデンスカード申し込もうよ…やっとカウンシルタックスの請求書手に入れたし…ということになったよ。あーもーだめかーと思ってうつうつとしてたら翌日即メールが来て

ロイズの口座開設するよ〜〜〜ん。カード送るよ〜〜〜ん
(ちなみに、しっかりMrsになってた)

ややややったああああ(´;ω;`)ブワッ
あまりに嬉しかったのでてんぷら揚げました(揚げすぎ)。大好きな半熟卵のてんぷらが成功したのが嬉しすぎる
f:id:misiu_teddy:20170601045634j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20170601045658j:plain:h200
ロイズ銀行はゆるいと言われていて、それこそ昔は日本国籍者はパスポートがあれば口座開設できたみたいだけど、この春からルール改定があったみたいで、居住証明は必ず必要になったみたい。しかも、賃貸契約書持ってったのにダメだったし…
学校や仕事が決まってきてる人は学校や会社からレター発行してもらえるので大丈夫だと思うんだけど、もしあれなら日本の口座の残高証明書英文ポンド建て持ってくるとかしたほうがいいかもしれないっすね…

任天堂にメールした
ゼルダの伝説がリージョンフリーに加え多言語対応でゲームオタク国際結婚夫婦にはあまりに嬉しかったので(地味に夢のゲーム機じゃない?)、こういう風に使えてるということを伝えたくて感謝のメール送った。特に返事を期待して送ったわけじゃなかったけどすぐに返事がきて「心温まるメッセージ、是非関連部門に伝えさせていただきます」だって(旦那くんは返事がきた事にビックリ)
f:id:misiu_teddy:20170601054422j:plain:h200
ユニクロゼルダのTシャツも買ってもうた。日本よりだいぶ高いけど

・街で見かけた
f:id:misiu_teddy:20170601054305j:plain:h200
マンウィズ。ライブやるらしい