Goodbye Happiness, Hello Sadness

地球の彷徨い方・キラキラしてないロンドンライフ

ミッション275日目

・ロンドンにいると寿命が縮む
どうにも、精神的に調子が良くないのでGPに相談したところ「スピーチセラピーを受けたほうがいい」と言われ、自分のエリアの「心の相談室」的な電話番号(実際には話を聞いてもらうわけじゃなくてカウンセリングを手配してもらえるんだけど)をもらったのが結構前の話。
で、電話しまくったんだがこいつが繋がらない。まず平日しかやってない。それはいいとして、夜8時までやってるみたいなんだけど、仕事中は電話できないので5時以降とか、7時頃に電話する、が、1度は繋がったものの予約埋まりすぎで取れず、とりあえず保留。で、その後毎朝電話がじゃかじゃかかかってきたので、でも取れないから帰宅後に電話すると「スタッフがいないから明日の午前中かけて」とかふざけたこと言われる次第。じゃあなんで8時までやってるん…?(´・ω・`)
なにぶん、英語の電話っていうのも凄く疲れるのに…(´・ω・`)

それじゃあ、またGP予約しよう、GPに話を聞いてもらって、薬でも出してもらえたら…と2週間後に予約を入れた。仕事も調整して、早退した。そうしたらロンドンお得意の電車がキャンセルされて、予約時間までにたどり着けなかった…。GPからの返答は無情にも「2週間後にまた来い」

もう嫌だ…。どんだけ待てばいいの…_| ̄|○

あまりに頭きて待つこと覚悟で救急に行った。うつ病患者が同じ状態でこないだ自殺したニュースが流れたからか(重篤な障害を持つお子さんの介護に疲れたうつ病持ちのお母さんが、GPに予約したら最短1週間後だったか5日後だったかで絶望して自殺したとか…)知らないけど、長く待ったもののなんとか話を聞いてもらえた。長々話を聞いてくれた上に「GPには今回のことを連絡するから、Urgentで診てもらうべきだ」って言われて、今後どうしたらいいか答えてくれた。
どうなんですかね。日本で心療内科とか行っても薬出されて終わりとかもあるしセラピー系はこっちの方が充実してそう…だけど、使えないんじゃねえ…っていうか、電車キャンセルは本当に頭きた。そして電車キャンセルの話にはまだ続きがあるんですけど…

・休暇に行けないかと思った
旦那くんとバルセロナに旅行に行った。飛行機に間に合うようにお家を出る。ピークタイムだけど、時間通りに出れば普通に着くはず…だけど
電車故障で電車がこないって…
Uber使って別の駅に行こうとするも、上手く使えず…。仕方なくブラックキャブを捕まえようと行ったら運転手乗ってないでやんの…。なんとか別の路線の駅まで行って、乗り換えてヒースローエキスプレス乗ればなんとか間に合いそう…と思ったら、乗り換え駅が満杯で改札閉鎖。ディズニーランドかよ…っていう人、人、人。

大枚覚悟でブラックキャブを仕方なく捕まえて(ブラックキャブは正規タクシーでしっかりしているが、料金めちゃ高い)、「何分で着く?」って聞いたら45分言われたのでこれなら…と思ったら道が大渋滞で動かない。後でニュースで調べたらこんな朝のピーク時間にデモやってたんだと💢ニュースの写真に「交通妨げてごめんなさ〜い」のプラカードの文字(こんなに軽いノリでは書いてなかったけど)。ふっざけんな💢

で、結局万単位でお金支払ったのに、飛行機間に合わず。オンラインチェックインしていたのでカウンターで掛け合ってくれたが、返答は無情にも「ダメ」。普段遅延ばっかりのくせに、この時の飛行機はたったの10分遅れ…ほぼ定時。

もう行けないと思ったけど、ラッキーなことに今回予約したのが格安航空ではなくって、ブリティッシュエアウェイズのホテル+航空券のパッケージだったんよ…。これが格安航空やホテルを自分で手配するよりずっと安くて。航空会社運営なので話も早く、1人50ポンド追加料金がかかったけど、なんとか午後の便に振り替えてくれた。もう踏んだり蹴ったり。カウンターの人に「出国口行って!お茶でも飲んでゆっくりして!ね!」と元気付けられる…_| ̄|○
でもさ、空港行くのに約1万5千円、バルセロナ行くのに約1万5千円プラスだよ?もう1人分の旅行費出るっつーの。信じられない

…日本もさ、交通機関がいつも順調なわけじゃないし、日本も海外を見習って少しは寛容に!とかいうじゃん。確かにこっちの人の寛容さに感心することも救われることもあるし、日本で働いてたから頷けることもあるんだけど、でも公共交通機関、お前はダメだ…。数分の遅延ならまだしも、毎日のように起きる電車故障と信号故障。ちなみに信号故障は「スタッフ足りてません」とかの言い訳の場合もあるらしい。確率的には東京の比ではないよ、本当に…
って、何がアレって、旦那くんがその公共交通機関で働いてるんだけど…。

今回ばかりは本っ気で日本に帰りたくなったよ…。
ちなみに救急の医師には「これ、俺の経験則だけどさ。ロンドンで良き友達なんか見つからないよ。皆忙しくて余裕がないし…。金のことばかり考えてるから。夫と仲が良くて上手くいってるなら、それでいいじゃないか」とか言われた件について_| ̄|○

イギリス人であってもロンドンから逃げ出して日本に住んじゃってる人がいるらしい汗…っていうのに、どーすりゃいいのさ〜。
東京もせかせかしてるし満員電車酷いし余裕無いし…だけどさ。
でもブレクジットや入国審査で嫌な目に遭ったり(虚しく見える入国審査前の各国語の「ようこそ」の看板…)、ブレクジット後、「この国には歓迎されていないから」っていう理由で外国人医療従事者が逃げていってる理由はわかる気がしてくる。はーぁーぁーヽ(;´ω`)ノ

・結局
バルセロナに着いて、今回そのパッケージツアーのおかげかホテルは4つ星。っていうか日本の団体ツアー客がたくさんいてビックリしたわい!私全然関係ないのに…
部屋も広くて立派で、ウェルカムドリンクまでついてて、着いて外に出て美味しいタパス食って(結局地球の歩き方に載ってたお店で日本人が結構いてビックリしたが)、ビールかっくらって、少しは元気が出てきた。客層的には観光客向けなお店っぽかったが、ここはとにかく美味しかった
f:id:misiu_teddy:20181126062018j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20181126062104j:plain:h200
アンチョビ大好き!アンチョビだけずっと食べてたい
f:id:misiu_teddy:20181126062308j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20181126062236j:plain:h200
タコをまともに食べるのはいつぶりだろう。勘定しようと思ったらデザートも食ってけ言われてデザートも食べた。美味い
f:id:misiu_teddy:20181126062443j:plain:h200
…というわけで旅行についてはまた次回から書くよ。ちなみに今回、ミニ国家「アンドラ」も行ってきた