Goodbye Happiness, Hello Sadness

地球の彷徨い方・キラキラしてないロンドンライフ

ミッション322日目

・民族旅館でお昼ご飯
開城の民族旅館で飯床器を食べる。見た目凄く素敵。
f:id:misiu_teddy:20191013061743j:plain:h200
味は、おかずによっては凄く美味しいのもあるけどイマイチなのもあり。旦那くん「もやし美味えー。お肉美味えー。」「んーこれは変な味」私「トトリムク(どんぐり寒天)結構好きかも。このお肉マジで美味しいね」
f:id:misiu_teddy:20191013061947j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013062248j:plain:h200
参鶏湯もオプションで頼んだ(別料金)。参鶏湯の本場は開城らしい。ちなみに高い。1つ頼んで2人で分ける。
f:id:misiu_teddy:20191013062503j:plain:h200
ガイドさん「南の参鶏湯は食べたことありますか?参鶏湯の参は何かご存知ですか?朝鮮人参ですよ。南のは入ってないものが多いです。それは参鶏湯とは呼べませんっ!(`・ω・´)キリッ」
ほう。ちなみにガイドさん、韓国料理について「…南は辛すぎ💢」とも言っていた
f:id:misiu_teddy:20191013063003j:plain:h200
最後に食べた参鶏湯は韓国人の友達が作ってくれたやつなのだが、それに比べるとこの参鶏湯はすごい薬膳っぽい味がする。韓国の参鶏湯の中身はもち米だが、これはもち米じゃないな…。単にもち米がなかったのか、開城のはこうなのか…。個人的には米はもち米の方がいいな〜
f:id:misiu_teddy:20191013063053j:plain:h200
そうそう、開城のキムチにはコリアンダーが入ってるみたい。コリアンダーは大好きなのでそれは嬉しい。結構合うな、うちもキムチ作る時にコリアンダー入れてみようかしら…
にしても、「もっと食え」が始まるのだが私凄い少食なのでこの量はきっつい…www本当は、小食なの嫌なんだよね、損してる感じで。
「開城の人はケチ」と言われているそうなのだけど、ガイドさん的説には「個人的に言うと本当にケチという感じはしないし、この飯床器のせいでそう言われているのではないか」とのこと。「朝鮮では大皿に盛って、最終的に残すのが正しいルールだけど、開城の人は飯床器でそれぞれ食べ物を少なく、小さく上品に出すので『ケチだなぁ〜』と思われたのではないか」とのこと
f:id:misiu_teddy:20191013063300j:plain:h200
時計が何故かコリラックマ
f:id:misiu_teddy:20191013063731j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013063954j:plain:h200
食後、民族旅館を見ましょう〜ということでぷらぷら見せて頂く。
f:id:misiu_teddy:20191013064403j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013064138j:plain:h200
一部屋開けて中も見せてくれた。っていうか…凄い…おじいちゃん家の匂いがする。懐かしい匂い笑
f:id:misiu_teddy:20191013064254j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013064539j:plain:h200
ガイドさん「…っていうか、新婚旅行だからこういうところ泊まった方が良かったですね笑」
f:id:misiu_teddy:20191013064822j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013064905j:plain:h200
本当だよ〜〜〜!(日本の懐かしいチョコチップクッキーが…w)
f:id:misiu_teddy:20191013065036j:plain:h200
温泉とかあるともっと風情があるな(温泉はありません)

・王建王陵へ行く
食後はこれも世界遺産、王建王陵へ。道中の写真、撮っても別に構わないということなので撮った。子供達が歩いてる。正直、道の状態が凄く良いとは言えないのでガタガタ揺れるし写真撮るの難しい苦笑
f:id:misiu_teddy:20191013031956j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013032058j:plain:h200
王陵に着くと、チマチョゴリを着た女性の専属ガイドさんが待ってた。ガイド君と専属ガイドさんが話してる朝鮮語を聞くに「ええっ、日本人とポーランド人でご夫婦!?へえー!」…みたいなこと言ってた( ̄◇ ̄;)ってここで気づいたけどさ…。元東側陣営と西側陣営。うちらの存在自体、めっちゃ冷戦後の自由の象徴じゃん…。後にJSの朴さん曰く、「一応、北朝鮮の人も国際結婚は可能なんですがね」私「でもめっちゃ金かかるって噂で聞きましたが」と言ったら「その通り」とのこと
f:id:misiu_teddy:20191013065624j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013065734j:plain:h200
十二支の飾りがついているので、旦那くんと2人で「これはねずみ〜」「これはうし〜」とか言いながら一つ一つ写真を撮った。このお墓は94年の再建版らしいけど。言わないでおいたけど、このお墓ってさ、天皇陵に似てない?なんか文化的に関係があるのかな。ちょっと墓については詳しくない
f:id:misiu_teddy:20191013065917j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013070026j:plain:h200
専属ガイドさんに「素晴らしい青空のようにキラキラ(반짝반짝/ぱんちゃっぱんちゃっ)輝くようなご夫婦ですね〜!(確か…)」的なこと言われたよ…(笑)ガイドさんとも写真撮ったりした
f:id:misiu_teddy:20191013070444j:plain:h200
…というわけで車の中から開城の風景など。隠したい風景は街路樹で隠してるのか、別にそうでもないのか
f:id:misiu_teddy:20191013032214j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013034828j:plain:h200
平壌との格差はかなり感じる。平壌は別格だからなぁ〜。でも、ベランダにソーラーパネルを設置してる家が多い。多分国の電力事情が悪いからだろうけど、ソーラーパネルっていくらぐらいで買えるんだ??
f:id:misiu_teddy:20191013032316j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013034739j:plain:h200
国土は韓国より少し大きいのに、人口は、韓国の半分ぐらいしかいない。開城市北朝鮮では8番目の人口。旦那くんの街よりはずっと人口が多いんだけど、旦那くんの街より小さく感じる。
f:id:misiu_teddy:20191013035016j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013035116j:plain:h200
この後帰国して日本の友達に旦那くんの実家と開城の風景交互に送ったら「ちょっと似すぎじゃない!?アジアと欧州なのに、凄くない!?」って言われた(笑)なんでカラフルにマンションを塗るんだろうな〜。社会主義的センス?ロシアンセンス(というかソ連)?これはいつかロシアにも行かなければッ
f:id:misiu_teddy:20191013070240j:plain:h200
開城南大門〜
f:id:misiu_teddy:20191013035314j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013035357j:plain:h200
最後に開城の写真撮りたい!と言ったらわざわざ高速から車の速度落として撮らせてくれた。「検問所に着く前に、さっ!今!!」みたいな感じで

・祖国統一三大憲章記念塔
開城からの帰り道はちと寝たり、サービスエリアで起きてトイレ休憩した後(ガイドさん達がりんごを買ってくれた。ポーランド社会主義の頃は、りんごをポーランドへ輸出していたらしい)、ガイドさん達と会話しながら平壌へ。旦那くんがガイドさんと会話する時は私が通訳したりする。
平壌の入り口に着いて、祖国統一三大憲章記念塔を見物する。ソウルに続いている高速道路に向かって、どーんと立っている
f:id:misiu_teddy:20191013073646j:plain:h200
ガイド君「この塔は、2001年の南北首脳会談の後にすぐ作られました。あの時は、すぐに統一すると思いましたネ〜。政治は、難しいデス…www」

金大中政権の太陽政策の時だね、覚えてるわ〜。その後李明博政権になって終わってしまったが。
…正直言って、統一はかなり難しい気がするんだよね(´・ω・`)。なんかこう…東西ドイツとは違う雰囲気だよねどう考えても。っていうか一党独裁の上に独裁者がいるとはいえ、本当によくこの状態でこの政権を続けていると思うのだけど、なんだろう…多分そこ、北朝鮮と日本の共通点、かも…。与党に粛々と付いていく雰囲気、的な…。韓国人のパワフルさだったら正直、この政府5分ももたなさそう(-_-;;;)
f:id:misiu_teddy:20191013074010j:plain:h200
朝鮮国際旅行社のバス。300人ぐらい社員がいるらしいよ。北朝鮮のガイド職は結構ハードな気がする。年間15日有給休暇があるらしい。年間で15はきっついな…汗
ふらふら像を見たり写真を撮ったりのんび〜りしていたら、国連の車が駆け抜けていったよ〜〜

・切手を買う
私たちの希望が、「絵葉書を出す」なので切手博物館へ切手を買いに行く。大体、旅行先から何枚も出すのでいっぱい買う。
…が、切手が目玉出るほど高くて(一番ノーマルの切手だけじゃなくて色々買ったからかもしれないが…)、「このままじゃ他のお土産買えない!なにもかも高すぎる!!」って文句言ったら「お土産はそんなに高く無いですよ〜っ!汗」と言われる。この後わかるのだけど普通のお土産は事実、超安かった…。他のブログとか見ても切手が高いなんて一言も見当たらない。ぼったくられたか?(´・ω・`)何せ、北朝鮮の値段ははちゃめちゃなのだ。ウォン表示なのだけどこれらの値段も参考にならない(その理由については後で書く)
f:id:misiu_teddy:20191013174456j:plain:h200
北朝鮮のポストは青みたいだけど、ポストを外で見かけた記憶あんまり無いな…。
ちなみに、こういう国なので切手は重要な収入源。ただ、主席や総書記、委員長の切手はあくまでコレクション用で実際には使えない。実際に使えない切手は私は興味ない…(´・ω・`)
f:id:misiu_teddy:20191013174614j:plain:h200
ところで失敗してしまった?ことがあるのだけど、実は平壌からの手紙、いくつか既に届いたのだけど、私たち自前のエアメールスタンプを持ってきてて、最初はそれ押してたのね。そしたらそれらが全然届かないの。ただ飛行機のイラストと「VIA AIR MAIL」って書いてあるだけのスタンプなんだけど、平壌は自分たちのハンコ絶対押さなきゃいけないらしくて…失敗したかも〜(´・ω・`)押したらダメだったのかな…。
この後、ホテルの郵便係のねーちゃん達にそのスタンプ押したハガキ渡したら「おー!おー!」とかびっくりされて、「ええええ?何か問題が?」って聞いたら、「このハンコはどこで!?」と。「日本のやつなの」って言ったら単にただ、珍しかっただけみたいで「へー!」って言われて「大丈夫!」とか言ってたんだけど…汗
現地エアメールスタンプがあるなら断然そっちのがよかったから押さなきゃよかった(´;ω;`)ブワッ

でも押してない日本の友達のハガキもまだ届いていないっぽいからわかんない…汗

・アヒルの焼肉を食べる
ヒルの焼肉、と人に言ったら「ええっ…」と言われたけど、日本の鴨肉って(そもそも鴨とアヒルって違いは全然ないみたいで)ほとんどアヒルらしいよ。で、アヒル自体はポーランドもまぁまぁ食べるので、2月にポーランド行った時義母が出してきたから私的には珍しくないけど、焼肉スタイルで食べるのは珍しい
f:id:misiu_teddy:20191013175150j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013175616j:plain:h200
ヒル美味いがガイドさんが焼肉奉行すぎるのと肉を一気に焼くもんだから、忙しすぎてゆっくり食べれないwww
うちの旦那くんは徴兵を逃げた男(本当・今はポーランドに徴兵は無く全員恩赦)、という話をしたら、北朝鮮は志願制だと言う。ええ〜っ。ガイドさんは色々経歴が複雑で、3年ほど軍にいたこともあるらしいけど、ガイド君は行ったことはないという。確かに行ったことなさそう。北朝鮮の徴兵制は10年と聞いていたけれど、本当に10年行ってたら平壌に若者はいなくなってしまうはずだけど実際はそんな風に見えないので、確かに平壌では志願制なのかもしれない…が
北朝鮮は地方と平壌で事情がだいぶ異なってくるので、地方ではそれ以外の選択肢が無いのではないのか?と予想。平壌でも、こいつ勉強できねえわーって落ちこぼれは軍隊行くんじゃね?とか思う。
ガイドさんは軍にいた頃、色々大変だったけど、夜勤とかの合間にコツコツと大学に入り直す勉強をしたんだそう。えらい…。

ところで、旦那くんが徴兵を逃げた方法は「形だけホームレスにして本人はロンドン」です…(汗)

平壌の駅前をぶらぶら歩く
ガイドさんは明日の準備で一旦会社に行かなきゃいけないというので、ガイド君とふらふら平壌の駅前を歩く
f:id:misiu_teddy:20191013180439j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013180641j:plain:h200
たまにトロリーバスの電線からバチバチッと火花があがってちとびっくり…汗
f:id:misiu_teddy:20191013180717j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013180750j:plain:h200
駅前はとにかく大混雑。腕を組んだカップルや仕事帰りの友達同士もちらほら…
f:id:misiu_teddy:20191013181508j:plain:h200
地方からの万里馬運動頑張ってます報告。「増産の導音激しく響きゆく、祥原セメント連合企業所とスンチョンセメント連合企業所」とか書いてある。北朝鮮はどうも経済を気合いでなんとかしようという感じが日本以上に…(-_-;;;)
f:id:misiu_teddy:20191013182845j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013183226j:plain:h200
ポーランドと同じようなキオスクがそこら中にある。社会主義的景色?旦那くん「ポーランドよりカウンターの窓が広いからきっと安全なんだね」
f:id:misiu_teddy:20191013183531j:plain:h200
ガイドくんがアイス買ってくれた。実はガイドくん、トラブルがあって(これは北朝鮮の貨幣問題に多分繋がるので後述する)「これしか買えませんでシタ、ごめんなさい」と言う。そしてしきりに「これは美味しくないですヨー…汗」と言ってたけど、え、普通に美味しいよ。ガリガリ君りんご味って感じ。一口齧った後に写真撮ってないことに気づいて慌てて撮る
f:id:misiu_teddy:20191013183802j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013183839j:plain:h200
「りんごエスキモー」という名前。
f:id:misiu_teddy:20191013184202j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013184453j:plain:h200
いかにも北朝鮮っぽいプロパガンダ看板。ちなみに旦那くん曰く、資本主義になりたてのポーランド社会主義時代こういう看板が「セールとか、広告企業とかによって時期でコロコロ変わる」というのが無かったから、皆、手塗り?か何かで看板作ってたので、西側諸国みたいに「セール30%」の看板出してはみたものの、セールが終わってるのにしばらくそのまんま…ということがよくあったらしい(苦笑)ま、ロンドンも時期過ぎてるのにそのまま…よく見るけどね
f:id:misiu_teddy:20191013184713j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013184925j:plain:h200
がんばったで賞の人たち
f:id:misiu_teddy:20191013185151j:plain:h200
写真屋さん多い
f:id:misiu_teddy:20191013185417j:plain:h200
高麗ホテル★

はてなフォトライフの今月のファイル利用量が限界に達しちゃうかも…苦笑
つづく。