Goodbye Happiness, Hello Sadness

地球の彷徨い方・キラキラしてないロンドンライフ

ミッション324日目

平壌テレビ塔
平壌にもこんなテレビ塔があるとは知らんかった。昔は観光で案内することもあったけど、最近は全く無いらしい
f:id:misiu_teddy:20191018044033j:plain:h200
確かに、最近の朝鮮旅行記をネットで見てもテレビ塔に行った人全然いない。10年ぐらい前ならいたけど

・遂に憧れの玉流館で冷麺を
私が、北朝鮮で絶対に絶対に絶対やりたいことがあった。それは冷麺の本場と呼ばれる北朝鮮でも、平壌の、更にその中でも一番有名とされる玉流館で冷麺を食べること。麺好きとしてこれがずっと夢だった。
これだけは絶対絶対絶対外せないとリクエストしており、しかしながら…ねぇ…朝鮮旅行って何せ向こうの都合で旅程変わったりしちゃうから、行けない時もあるわけで…と思ってたのだけどこれは叶った。
f:id:misiu_teddy:20191018043043j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191018043612j:plain:h200
おおおおおおおおおこれがああああ噂のおおおおおおおおお(テンションMAX)
この間南北首脳会談で金正恩文在寅が食べて!!ソウルの平壌冷麺の店は連日長行列になったという!!!!
f:id:misiu_teddy:20191018044810j:plain:h200
中は人民で大混雑してたけど、何故かその部屋は撮影禁止。謎である。

私「夢だったんですよ!!!」

ガイドさん「そうですか」

私「絶対ここの冷麺食べたくて!ガイドさん冷麺好きですか?」

ガイドさん「いや…私は…冷麺は正直…そんなに…ここのもガイドの仕事でよく食べるし…

正直すぎるやろ…。(;゚;益;゚; )

ガイドさんは正直すぎて、大体朝鮮sageが酷い。愛国心はあると思うのだけど、もっと自信持ってテンション上げてくれないかね…。いやそれとも、それが逆に新たなアピールもしくは自慢方法なのか…。日本の謙遜みたいに「そんなことないです!何言ってるんですか!」って言えばいいのか…?

私「じゃあ何が好きなんですか」

ガイドさん「そうですね…酒のつまみに刺身とかですかね…。」

ちなみにガイドさん的には咸興冷麺がオススメらしい(これも有名)。ただ、その後に聞いたんだけど、咸興に行くのはガイドやっててもかなりしんどい場所とのこと。白頭山は飛行機でぴゅーんと行けちゃうのでそんなに辛くないけれど、咸興は車で7時間ぐらい、丸一日かかるのでアテンドが大変だと言っていた。冷麺もスープは玉流館の方が美味しいが、麺は清流館の方が美味しいと思う、とのこと(こういうのを聞いて北朝鮮好きの人はリピーターになるのかなぁ?)
f:id:misiu_teddy:20191018045003j:plain:h200
まずは緑豆のチヂミ(ロクトゥチヂム)を頂く。見た目はシンプルだけど柔らかくて美味しい。何故か辛子と酢をかけて食べるのが今時の食べ方になってるらしい。辛子と酢をかけてみたら確かにもっと美味かった
f:id:misiu_teddy:20191018045206j:plain:h200
そして冷麺っ。まずはスープを一口すすり、その後に麺に酢を絡ませてよく混ぜて食べる。南ではハサミで麺を切るけど、北では切らない。
ガイドさん「麺を切ったら縁起が悪いと言われてますし…それにハサミで切るなんて…ちょっと汚くないですか???(-_-)」

おおおおおおおいしいいいいいいいいいい

なんだろう…こう…スープが違うんかな…。深い味がする(気がする)。麺も美味しい…。普通朝鮮料理は中国と一緒で残すのが礼儀だけどここの麺はスープまですするのが礼儀らしい。というわけで頑張って完食したよ★

ガイドさん「この店はアイスクリームも有名なんですよ」
f:id:misiu_teddy:20191018045554j:plain:h200
やばいこのアイスめちゃくちゃ美味い。何故かわからんが美味い…。毎日食べたい。世界中の人に食べてほしい(無理)

ガイドさん「アイスは持って帰るの難しいですね…www」

ちなみに、ドバイに支店があるそうなので(多分まだある?)、「平壌まで行くのはちょっと…」という人は行ってみてもいいかも。って、ドバイも遠いけど…(冷麺はあるみたいだけど、アイスはあるのか不明)

ところで、この店でびっくら仰天したのが…なんか…アジフライ(?)を揚げる総書記の写真が飾ってあったんだけど…。
最初、「何だろ…何でこんなシェフ…?下町の定食屋のおっさん…?のでっかい写真飾ってあるんだろ…」と思って目をこらしたら全くオーラの無い揚げ物に勤しむ金正日総書記だったっていう…。思わず3度見ぐらいした。あの写真が一番面白かったわ…。総書記は料理も…堪能だった…そうです…。

鉄道省革命事績館
北朝鮮鉄道博物館。列車の歴史…というよりはどれだけ主席と総書記が鉄道事業に参画したかが学べるって感じ(笑)
f:id:misiu_teddy:20191018055346j:plain:h200
指導者様が訪れると改善するのでは毎日違うところに行けば北朝鮮はめちゃくちゃ凄いことになるんじゃね…?とか思っていた…爆
まぁ、主席は鉄道事業(それも電化)に力を入れていたそうデス。ジオラマは撮影可だそうなので撮った(偉大なる首領金日成同志に見ていただいた〜とか書いてあるけど)
f:id:misiu_teddy:20191018055617j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191018060139j:plain:h200
そしてその偉大なる主席と総書記が鉄道開発を指導されるすんげージオラマがあったっ★
f:id:misiu_teddy:20191018061021j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191018061141j:plain:h200
これ、絵の部分と実際の模型の部分が上手く組み合わさっててめちゃくちゃすんげ〜の。
f:id:misiu_teddy:20191018061345j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191018061453j:plain:h200
よく見たら二人とも若い笑
f:id:misiu_teddy:20191018061713j:plain:h200
満州鉄道の車両。こんなの取ってあるとは鉄道オタク…?
f:id:misiu_teddy:20191018062017j:plain:h200
日本車輌製の鉄道
f:id:misiu_teddy:20191018071416j:plain:h200
これは日立製。
f:id:misiu_teddy:20191018071637j:plain:h200
うっむ…あんまり鉄道の知識はない。多分マニアにはたまんないはず

・3大革命展示館
思想、技術、文化の3大革命の総合展示館…だけど、なんか凄い、70年代の匂いがする(笑)。昔、地元の公園に児童会館ってあって子供の頃たまに行ったんだけど、ほんっとあの時代みたいで懐かしい(そういえば、あれもリニューアルして移転し、無くなってしまった)
f:id:misiu_teddy:20191019232833j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019233011j:plain:h200
そのうちの技術館かな?の見学
f:id:misiu_teddy:20191019233231j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019233355j:plain:h200
この案内員さん、ガイド君の大学時代の後輩だって。ロシア語専攻だそう
f:id:misiu_teddy:20191019233547j:plain:h200
遊覧用の飛行機。ちょっと楽しそうだな…。追加料金払えば平壌遊覧飛行も楽しめるみたいだよ。よく見たら後ろに主席。そういえば北朝鮮は主席・総書記・あと金正淑(金正日の母)の像があると挨拶させられるけど私たちはここは別にしなかったな(他の人民はしてた)
f:id:misiu_teddy:20191019233804j:plain:h200
主体鉄と名前がついてるwコークスの代わりに北朝鮮に豊富にある無煙炭を使ったものです、と説明されるけど、製鉄の知識がない(;´ω`)。ここ、専門家だったら絶対面白いと思うんだけど…。ちなみに北朝鮮は地下資源が豊富で、経済制裁前は日本も買い付けてたらしい。でも多分この調子だし経済制裁食らっているからあんまり活かせてなく勿体無い
f:id:misiu_teddy:20191019234240j:plain:h200
懐かしの万景峰号
f:id:misiu_teddy:20191019234404j:plain:h200
北朝鮮一押しの合成繊維ビナロン…が、北朝鮮の発明とされてるけど、日本語ではビニロンと言い、実際に発明したのは統治時代の日本人と共同研究者の朝鮮人
f:id:misiu_teddy:20191019234915j:plain:h200
外にも展示が♪
f:id:misiu_teddy:20191019235016j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019235131j:plain:h200
トロリーバス。日本では絶滅危惧種だからねえ
f:id:misiu_teddy:20191019235335j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019235525j:plain:h200
なんかロシアっぽい(イメージ)電車だな…。これも昭和っぽい、というか…ひと昔っぽいというか…

・高等中学校見学
…旦那くんが興奮してガイド君に言っている。
f:id:misiu_teddy:20191018072821j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191018072949j:plain:h200
夫「俺の学校にそっくりだよ!!ほぼそのまんま!!!懐かしい!!!!」

…( ̄◇ ̄;)

ってか日本の友達に「アジアとヨーロッパで似てるって凄くないか?」って言われたんだけど、ほんと、それ…。
f:id:misiu_teddy:20191018075200j:plain:h200
そして子供達の公演を見ることに。
f:id:misiu_teddy:20191019091517j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019091706j:plain:h200
私、なんで観光で学校行くんだよ…って思ってたのね。で、一見完璧な芸を観光客の前でやらされているのかと思いきや、実際に見てみるとレベルは高いけど、普通に部活動〜って感じだった。なんだ…笑
f:id:misiu_teddy:20191019092201j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019092317j:plain:h200
踊りながら子供同士で「あれ?間違えちゃったwww」「どうだっけ?」みたいな表情もしてぼそぼそ喋ってたり笑いあったりしてたし、なんかギターアンプが上手く差せなくて?困ってたし(笑)イメージで思ってたよりは、超普通だった。ちょっと閉鎖的な国だし、外国人の前で披露するのは、たまの良い機会なのかな…。ガイドさんと話してるとわかるけど、この国、多分娯楽も少ないし、刺激もあんまり無さそうだもんな…
f:id:misiu_teddy:20191019092424j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019092648j:plain:h200
それにしても、幼稚園の前には「우리는 행복해요(私たちは幸せです!)」と書いてあり、学校には「세상에 부럼없어라(この世に羨むものはない=北朝鮮の曲のタイトルでもある)」の文字、うーん…w幸せって国家に強制されるものではないと思うけど。
f:id:misiu_teddy:20191018073407j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191018075049j:plain:h200
まぁでも、正直言って北朝鮮でもリア充リア充だし、日本だろうが英国だろうが底辺は底辺なんだけどね…。

主体思想塔に行く
平壌のランドマーク、主体思想塔ドーン
f:id:misiu_teddy:20191019190915j:plain:h200
なんかずっと、「ほっそくてすぐ倒れそう…」とか思ってたのだけどしっかりしてたわ。そして思った以上に高かった。木曜日は点検日らしい。両サイドのマンションに文字がついていて、「一心団結」の文字。マンションまで巻き込んで景観を作ってる笑
f:id:misiu_teddy:20191019192121j:plain:h200
え"っ、社報応募用の写真まだ撮るの(汗)
f:id:misiu_teddy:20191019192243j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019193339j:plain:h200
1階には各国からの応援メッセージ(違)が…。当然日本のも。中に入ると1階は土産屋で、何人かのチマチョゴリを着た案内の女性たちが「コンニチハー♪」「んまー、ポーランド人と日本人のご夫婦なの〜♪」と。なんとも呑気な雰囲気。エレベーターで展望台へ行く
f:id:misiu_teddy:20191019223647j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019224400j:plain:h200
平壌大同江を挟んで西と東に別れるけど、東より西の方が栄えてて、東はまだちょっと改装も進んでなくて下町の雰囲気
f:id:misiu_teddy:20191019224536j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019224743j:plain:h200
金日成広場とかも西側。ガイド君「私の家は西側デス。へへ♪」山手民www
中洲の真四角のでっかいビルは羊角島ホテルというこれまた外国人観光客用ホテル。謎の5階があるとの噂…(知りたい人はググって)。高麗ホテルより新しいけど、中洲にポツーンだし、最近は夜、ガイドさんに頼めば散歩とか行けるけど、ポツーンなとこだとつまんないよね。
f:id:misiu_teddy:20191019230404j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019231131j:plain:h200
なんか噂によると、ずいぶん昔、30年近く前は北朝鮮もこんなに監視ツアーではなく、多少はぷらぷら歩いても問題なかったらしい

朝鮮労働党創建記念塔
ついでに主体思想塔の近くのこちらも。やっぱりでかい(笑)。自家用車を持ってる人も少ないのにこの広々とした都市だから、平壌の人たちは相当歩くんじゃなかろうか(1日1万歩歩こう運動みたいなのあるらしい)
f:id:misiu_teddy:20191019231836j:plain:h200
こちらも両サイドのマンションの上に文字。「百戦百勝」。鎌と槌(農民と工員)は共産主義のお馴染みのシンボルだけど、北朝鮮の場合は更に筆(知識人)がついてるのが特徴。東ドイツは知識人はコンパスだったけど。
f:id:misiu_teddy:20191019235908j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191019232246j:plain:h200
反対側はこんな感じ。普通の住宅地とただっ広い公園

さ!次は遂にマスゲーム鑑賞だ!!!ということで、つづく。

ミッション323日目

・そこまで頑張らなくても
ところで、私たちにはやりたいことがあった。旦那くんの会社で毎月従業員に送られてくる会社に関する雑誌…てか社報があるのだけど(日本でも大企業とかでよくあるやつ)、そのいちコーナーに「こんなところに行きました」というコーナーがあるのだ。
このコーナーに載せるには、Unusualな場所で、なおかつ、この冊子と一緒に写真を撮らなければいけない。写真や印刷物持ち込みに制約がある北朝鮮では難しいかな…と思って保険で万里の長城でも写真を撮ったが、やはりここは平壌で撮りたい!
相手が口八丁なら私も口八丁。該当のページを見せてガイドさんに熱くこう言った

私「見てください!うちの旦那くんの会社には約30,000人の社員がいて(本当)、そのうち駅員だけでも約17,000人います(本当)!はっきり言って朝鮮旅行はレアだから、応募したら絶対載ると思うんです!!!朝鮮旅行の良い宣伝になりますよ!!!!(適当)大体、敵(?)は大したとこ行ってないんです。アテネだのスコットランドの洞窟だの、欧州ばっかだし」

ガイドさん「…大丈夫だと思います。やりましょう!!!!

うおー!やったー!と思ったのだけど、この件、その後ガイドさんが相当張り切ってしまうことになったのであった。
…ちなみに、このコーナーの景品、前はドルチェグストセットで「ドルチェグスト俺たちにもらった!!!」と思ったら、ここ数ヶ月で「ロンドン交通局特製グッズ」に変わってしまい(しかも市販品…)、(´・ω・`)ショボーン…価格全然違うじゃん…TFL金無いのか…?無いみたいだけど…

金日成広場に行く
ガイドさん「金日成広場、やっぱり平壌!って感じのところでニュースでもよく出ると思いますから、朝イチ人の少ないときに行って冊子と撮りましょう。この時間なら逆光じゃないと思いますし。主席と総書記とは撮らないでいただければ」
f:id:misiu_teddy:20191015233010j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191015233925j:plain:h200
おおおおおおおおおこれがあの!軍事パレードでおなじみの!金日成広場!国旗がついてるのは朝鮮労働党本部(前は金日成のでっかい写真がついてたけど今は撤去済)
f:id:misiu_teddy:20191015233627j:plain:h200
私たちは人民学習堂とパチリ。…でも…逆光…じゃね?(´・ω・`)
f:id:misiu_teddy:20191015235648j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016000052j:plain:h200
ガイドさん「逆光…でしたね…w」

そうだね…w

ガイド君「もし、その冊子に載ったら見たいですネー♪持ってまた朝鮮まで来てくれませんかー♪」
旅費出して笑

・万寿台大記念碑に行けなかった
その後、朝鮮革命博物館に行った。内部写真は禁止なので撮らなかったけど、とにかく広い博物館で北朝鮮の(北朝鮮から見た)歴史を学んだよ。
だけど…祖国解放戦争勝利記念館とどっちだったかなぁ…。確か朝鮮革命博物館の方…。大きな金日成金正淑のでっかいカラー写真(…?)があって、「お二人の結婚写真です、抗日闘争で大変でようやく写真が撮れて…」って説明を受けたんだけど…

私(こ…これは写真じゃねえ!!!絵だろ!!!!)

って唖然としたの覚えてる…。
ちなみに「12月24日は金正淑女史のお誕生日でしょう」と言ったら、「おおおおおおおご存知ですか!!!!」と言われて「クリスマスイブがお誕生日ですよね」って言ったら「ク…クリスマスイブ…w」って失笑された。
あと、金日成主席って3人兄弟なんだけど、抗日闘争で亡くなった次男の金哲柱に触れてて写真も飾ってあって、「あれ?一番下のご兄弟は?」って聞いたら「えっと…一番下のご兄弟も命を落とされ…」って誤魔化されたけど、三男の金英柱は多分生きてる。何で隠す必要あるんだろ?w

…ところで、博物館の横には主席と総書記のあの大きい像が。「あれ?あっちは??」といったら「あっちはダメです、予約が必要で…」「聖地なんで…」と言われる。え"っ???
が、が、が、がーん。(´・ω・`)旅行者は全員行くような定番ポイントだと思ってたので、連れてってもらえなかったのは本当にショックがでかかった。像見たかったのに…一緒に写真撮りたかったのに…。主席と総書記が眠っている錦繍山記念宮殿*1以外で基本ドレスコードは無いと聞いていたが、旦那の服が相変わらずふざけたTシャツ…(-_-;;;)ばかりだったからだろうか?だから前日、ガイドさんが唐突「ご主人…シャツって持ってます?」って聞いたのか?私は「錦繍山太陽宮殿?そんなにエンバーミングには興味ないけど…」とか思ってたんだけど。旦那くんは「俺の服装のせいかな?(´・ω・`)ショボーン」としていた。ってか、ガイドさん達に元気よく「不満点は主席と総書記の像が見られなかったことです!!!!(^▽^#)」と言ったぐらい。多分私、5回は不満言った。だって日本に住んでる人みたいにうちからはすぐ行けないもん!

シャツのせいかはわかりませんが、皆さん、北朝鮮へ行く時はシャツは持って行ってください!(ぉぃ)
てか帰宅して写真をよく見たら開城行った日のTシャツにUnited statesとか書いてあるやんけー!!!_| ̄|○お前は喧嘩売ってんのか!こ・の・や・ろ〜!!!よくキレられなかったわ。つうか私「パーカーぐらい持って行ったら?」と言ったけどそれも旦那くんに拒否されたんだよね今回。大失敗…
…でもそれならそれで、ガイドさんもはっきりと「ご主人の格好がちょっと…」って言ってくれればよかったのに!傷つけたくなかったのか批判したくなかったのか、言えなかったのかそういう決まりなのか知らんが、はっきり言え〜!日本人か〜!!!
(記事やブログ見ても割と日本人…変な格好やTシャツで普通に像へ行ってたから全然予想つかなかった、って、本当に旦那の格好の問題だったのかは知らない…タイミング悪かっただけかも)

JSさん曰く「たま〜にダメな時があるんです…。だから、リクエストは出しておいたんですけど…」と謝られた。今回の北朝鮮旅行の2大がっかりは万寿台の像が見られなかったことと、板門店の軍事停戦委員会本会議場に入れなかったこと(´・ω・`)ぐらい。とはいえ前回の韓国に比べると板門店に行けただけでも嬉しかったので、軍事停戦委員会本会議場はまぁそうでもないけど。あとは別に不満無し。

・祖国解放戦争勝利記念館
失意のまま、最近リニューアルしたばかりの祖国解放戦争勝利記念館へ。この国のお金のかけ方はどうもおかしい(苦笑)
f:id:misiu_teddy:20191016000605j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016000739j:plain:h200
…どう考えても南北分断されている時点で勝った感じは全くしないんだけど、北朝鮮の中では朝鮮戦争(祖国解放戦争)は勝ったことになっている。
f:id:misiu_teddy:20191016002617j:plain:h200
朝鮮戦争北朝鮮から侵攻、しかも奇襲して始まった、というのが私たちの歴史だけど、北朝鮮ではその日、何もない日を送っていたのにアメリカが仕掛けてきた、ということになっている( ´_ゝ`)
f:id:misiu_teddy:20191016001112j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016001457j:plain:h200
けれど、北朝鮮はいっときは釜山まで侵攻していたので、仁川上陸作戦が成功してなかったら朝鮮半島の歴史は変わってたのかも…
f:id:misiu_teddy:20191016012337j:plain:h200
美人の英語ガイドさんが案内してくれたが、お姉さんの英語…ちょっと癖が強い
f:id:misiu_teddy:20191016012545j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016012729j:plain:h200
ちなみに、旦那くんはガイド君に「アメリカは不誠実」的な話をしてた。全然知らなかったんだけど、ポーランドは米軍に派兵して協力しているのに、アメリカはポーランド人を今だにビザ免除もしてくれず、アメリカにはたくさんポーランド人もしくはポーランドアメリカ人が住んでいるが観光にも訪問にもビザが必要で、中々親戚にも会いにいけないということでアメリカに対して不満があるらしい…
ポーランド親日!的な記載をネットでよく見かけるが、はっきり言ってほとんどのポーランド人はアメリカ>>>(超えられない壁)>>>日本って感じでアメリカに対して妙な憧れがある…と思う(本当に好きな人以外はかろうじて東京は知ってても京都なんか全く知らない、その程度。韓国人の方が断然詳しい、って、そりゃそうだよ…)

・地下鉄に乗る
…地下鉄に乗ることなんて他の国では大した話ではないけれど、朝鮮観光では一大エンターテインメント。
f:id:misiu_teddy:20191016014049j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016014303j:plain:h200
というわけでまず復興駅から乗る。平壌地下鉄も非接触ICカードらしい(私たちはガイドさんに連れられて横から入る)…が、チャージの機械みたいなものはない。券売機も…
f:id:misiu_teddy:20191016014517j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016014655j:plain:h200
シェルター兼ねてるのか、社会主義にありがちでめちゃくちゃ深い。
f:id:misiu_teddy:20191016014833j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016015411j:plain:h200
地下鉄乗るときの注意規則が流れてる。あと役に立ってるかわからない(あんまり使ってる人がいなさそうな)路線図
f:id:misiu_teddy:20191016015631j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016015822j:plain:h200
広い!何故かベンチの類はない!
f:id:misiu_teddy:20191016020028j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016020231j:plain:h200
主席ドーン。ロンドン地下鉄もこれぐらい広くなってほしいものじゃぁ〜〜〜(ロンドン地下鉄は古いだけあってプラットホームが狭い駅が本当に多い…)
f:id:misiu_teddy:20191016024528j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191016025032j:plain:h200
最新の電車もあるみたいだけど、観光客の予定にはいちいち合わせていられないらしく(電気が足りなくてあまり運行できないという噂もあるけど…)、古いベルリン地下鉄からの譲渡車両だった
f:id:misiu_teddy:20191017050543j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017050658j:plain:h200
最新車両は液晶もついててこんなんらしい。まぁネットで既に乗った人いるからググってみると良いと思う
f:id:misiu_teddy:20191017051345j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017051931j:plain:h200
美しい駅によく選ばれている栄光駅ドーン。
ガイド君「ご主人今日一番嬉しそうデス」
すいません…現役地下鉄スタッフなので…( ̄◇ ̄;)ロンドン地下鉄disりまくってた…
f:id:misiu_teddy:20191017051759j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017051610j:plain:h200
ちなみに現在、平壌地下鉄は順次工事中らしく、もう1回電車乗ると何駅か飛ばして(飛ばしたところは工事中)着いたところは凱旋駅(この区間は結構混雑してた)
f:id:misiu_teddy:20191017052242j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017052408j:plain:h200
主席ドーン
f:id:misiu_teddy:20191017052549j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017052648j:plain:h200
モザイク画めっちゃ綺麗〜〜。それにしてもえらいモダンになっちまっただなぁ(前はよく知らないけど)。よく見たら黄金の主席に向かって人民が歓喜に沸く絵でプラットホーム全体で表現してて凄い
f:id:misiu_teddy:20191017052903j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017053054j:plain:h200
売店があったんだけど写真禁止、何故だ。価格のせいかなwww(北朝鮮のお金のからくりについては後で書く、社会主義時代のポーランドと少〜し似たような感じな話なんだけど…北朝鮮はもっと違うかも…)
でも、売店の写真は普通にネットにあったので気になる人はググってください
f:id:misiu_teddy:20191017053148j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017053252j:plain:h200
こんなにモダンにしたのにこの表示は現役の謎
f:id:misiu_teddy:20191017053515j:plain:h200
出るとそこは凱旋門(凱旋駅だしね)。
f:id:misiu_teddy:20191017053638j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191017053748j:plain:h200
他の国では割とどうでもいいことも北朝鮮じゃ見逃せないな、やれやれ。中々行けない国だと思うとついつい…(あと素敵なカメラ買ったのもあるwwwでも日本で最新のカメラ買ったのに北朝鮮のガイド君の方が使いこなしてた(爆)曰く、「私はカメラにチョット興味ありますからネェ。これ4Kありマス?(ある)」私のパナソニックのカメラに何度も「これ良いカメラですネェ!」連呼、ガイドさんにも「これ良いカメラですよ!!」と言いまくっていた…w」)

つづく

*1:金日成金正日が眠っている霊廟

ミッション322日目

・民族旅館でお昼ご飯
開城の民族旅館で飯床器を食べる。見た目凄く素敵。
f:id:misiu_teddy:20191013061743j:plain:h200
味は、おかずによっては凄く美味しいのもあるけどイマイチなのもあり。旦那くん「もやし美味えー。お肉美味えー。」「んーこれは変な味」私「トトリムク(どんぐり寒天)結構好きかも。このお肉マジで美味しいね」
f:id:misiu_teddy:20191013061947j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013062248j:plain:h200
参鶏湯もオプションで頼んだ(別料金)。参鶏湯の本場は開城らしい。ちなみに高い。1つ頼んで2人で分ける。
f:id:misiu_teddy:20191013062503j:plain:h200
ガイドさん「南の参鶏湯は食べたことありますか?参鶏湯の参は何かご存知ですか?朝鮮人参ですよ。南のは入ってないものが多いです。それは参鶏湯とは呼べませんっ!(`・ω・´)キリッ」
ほう。ちなみにガイドさん、韓国料理について「…南は辛すぎ💢」とも言っていた
f:id:misiu_teddy:20191013063003j:plain:h200
最後に食べた参鶏湯は韓国人の友達が作ってくれたやつなのだが、それに比べるとこの参鶏湯はすごい薬膳っぽい味がする。韓国の参鶏湯の中身はもち米だが、これはもち米じゃないな…。単にもち米がなかったのか、開城のはこうなのか…。個人的には米はもち米の方がいいな〜
f:id:misiu_teddy:20191013063053j:plain:h200
そうそう、開城のキムチにはコリアンダーが入ってるみたい。コリアンダーは大好きなのでそれは嬉しい。結構合うな、うちもキムチ作る時にコリアンダー入れてみようかしら…
にしても、「もっと食え」が始まるのだが私凄い少食なのでこの量はきっつい…www本当は、小食なの嫌なんだよね、損してる感じで。
「開城の人はケチ」と言われているそうなのだけど、ガイドさん的説には「個人的に言うと本当にケチという感じはしないし、この飯床器のせいでそう言われているのではないか」とのこと。「朝鮮では大皿に盛って、最終的に残すのが正しいルールだけど、開城の人は飯床器でそれぞれ食べ物を少なく、小さく上品に出すので『ケチだなぁ〜』と思われたのではないか」とのこと
f:id:misiu_teddy:20191013063300j:plain:h200
時計が何故かコリラックマ
f:id:misiu_teddy:20191013063731j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013063954j:plain:h200
食後、民族旅館を見ましょう〜ということでぷらぷら見せて頂く。
f:id:misiu_teddy:20191013064403j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013064138j:plain:h200
一部屋開けて中も見せてくれた。っていうか…凄い…おじいちゃん家の匂いがする。懐かしい匂い笑
f:id:misiu_teddy:20191013064254j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013064539j:plain:h200
ガイドさん「…っていうか、新婚旅行だからこういうところ泊まった方が良かったですね笑」
f:id:misiu_teddy:20191013064822j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013064905j:plain:h200
本当だよ〜〜〜!(日本の懐かしいチョコチップクッキーが…w)
f:id:misiu_teddy:20191013065036j:plain:h200
温泉とかあるともっと風情があるな(温泉はありません)

・王建王陵へ行く
食後はこれも世界遺産、王建王陵へ。道中の写真、撮っても別に構わないということなので撮った。子供達が歩いてる。正直、道の状態が凄く良いとは言えないのでガタガタ揺れるし写真撮るの難しい苦笑
f:id:misiu_teddy:20191013031956j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013032058j:plain:h200
王陵に着くと、チマチョゴリを着た女性の専属ガイドさんが待ってた。ガイド君と専属ガイドさんが話してる朝鮮語を聞くに「ええっ、日本人とポーランド人でご夫婦!?へえー!」…みたいなこと言ってた( ̄◇ ̄;)ってここで気づいたけどさ…。元東側陣営と西側陣営。うちらの存在自体、めっちゃ冷戦後の自由の象徴じゃん…。後にJSの朴さん曰く、「一応、北朝鮮の人も国際結婚は可能なんですがね」私「でもめっちゃ金かかるって噂で聞きましたが」と言ったら「その通り」とのこと
f:id:misiu_teddy:20191013065624j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013065734j:plain:h200
十二支の飾りがついているので、旦那くんと2人で「これはねずみ〜」「これはうし〜」とか言いながら一つ一つ写真を撮った。このお墓は94年の再建版らしいけど。言わないでおいたけど、このお墓ってさ、天皇陵に似てない?なんか文化的に関係があるのかな。ちょっと墓については詳しくない
f:id:misiu_teddy:20191013065917j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013070026j:plain:h200
専属ガイドさんに「素晴らしい青空のようにキラキラ(반짝반짝/ぱんちゃっぱんちゃっ)輝くようなご夫婦ですね〜!(確か…)」的なこと言われたよ…(笑)ガイドさんとも写真撮ったりした
f:id:misiu_teddy:20191013070444j:plain:h200
…というわけで車の中から開城の風景など。隠したい風景は街路樹で隠してるのか、別にそうでもないのか
f:id:misiu_teddy:20191013032214j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013034828j:plain:h200
平壌との格差はかなり感じる。平壌は別格だからなぁ〜。でも、ベランダにソーラーパネルを設置してる家が多い。多分国の電力事情が悪いからだろうけど、ソーラーパネルっていくらぐらいで買えるんだ??
f:id:misiu_teddy:20191013032316j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013034739j:plain:h200
国土は韓国より少し大きいのに、人口は、韓国の半分ぐらいしかいない。開城市北朝鮮では8番目の人口。旦那くんの街よりはずっと人口が多いんだけど、旦那くんの街より小さく感じる。
f:id:misiu_teddy:20191013035016j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013035116j:plain:h200
この後帰国して日本の友達に旦那くんの実家と開城の風景交互に送ったら「ちょっと似すぎじゃない!?アジアと欧州なのに、凄くない!?」って言われた(笑)なんでカラフルにマンションを塗るんだろうな〜。社会主義的センス?ロシアンセンス(というかソ連)?これはいつかロシアにも行かなければッ
f:id:misiu_teddy:20191013070240j:plain:h200
開城南大門〜
f:id:misiu_teddy:20191013035314j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013035357j:plain:h200
最後に開城の写真撮りたい!と言ったらわざわざ高速から車の速度落として撮らせてくれた。「検問所に着く前に、さっ!今!!」みたいな感じで

・祖国統一三大憲章記念塔
開城からの帰り道はちと寝たり、サービスエリアで起きてトイレ休憩した後(ガイドさん達がりんごを買ってくれた。ポーランド社会主義の頃は、りんごをポーランドへ輸出していたらしい)、ガイドさん達と会話しながら平壌へ。旦那くんがガイドさんと会話する時は私が通訳したりする。
平壌の入り口に着いて、祖国統一三大憲章記念塔を見物する。ソウルに続いている高速道路に向かって、どーんと立っている
f:id:misiu_teddy:20191013073646j:plain:h200
ガイド君「この塔は、2001年の南北首脳会談の後にすぐ作られました。あの時は、すぐに統一すると思いましたネ〜。政治は、難しいデス…www」

金大中政権の太陽政策の時だね、覚えてるわ〜。その後李明博政権になって終わってしまったが。
…正直言って、統一はかなり難しい気がするんだよね(´・ω・`)。なんかこう…東西ドイツとは違う雰囲気だよねどう考えても。っていうか一党独裁の上に独裁者がいるとはいえ、本当によくこの状態でこの政権を続けていると思うのだけど、なんだろう…多分そこ、北朝鮮と日本の共通点、かも…。与党に粛々と付いていく雰囲気、的な…。韓国人のパワフルさだったら正直、この政府5分ももたなさそう(-_-;;;)
f:id:misiu_teddy:20191013074010j:plain:h200
朝鮮国際旅行社のバス。300人ぐらい社員がいるらしいよ。北朝鮮のガイド職は結構ハードな気がする。年間15日有給休暇があるらしい。年間で15はきっついな…汗
ふらふら像を見たり写真を撮ったりのんび〜りしていたら、国連の車が駆け抜けていったよ〜〜

・切手を買う
私たちの希望が、「絵葉書を出す」なので切手博物館へ切手を買いに行く。大体、旅行先から何枚も出すのでいっぱい買う。
…が、切手が目玉出るほど高くて(一番ノーマルの切手だけじゃなくて色々買ったからかもしれないが…)、「このままじゃ他のお土産買えない!なにもかも高すぎる!!」って文句言ったら「お土産はそんなに高く無いですよ〜っ!汗」と言われる。この後わかるのだけど普通のお土産は事実、超安かった…。他のブログとか見ても切手が高いなんて一言も見当たらない。ぼったくられたか?(´・ω・`)何せ、北朝鮮の値段ははちゃめちゃなのだ。ウォン表示なのだけどこれらの値段も参考にならない(その理由については後で書く)
f:id:misiu_teddy:20191013174456j:plain:h200
北朝鮮のポストは青みたいだけど、ポストを外で見かけた記憶あんまり無いな…。
ちなみに、こういう国なので切手は重要な収入源。ただ、主席や総書記、委員長の切手はあくまでコレクション用で実際には使えない。実際に使えない切手は私は興味ない…(´・ω・`)
f:id:misiu_teddy:20191013174614j:plain:h200
ところで失敗してしまった?ことがあるのだけど、実は平壌からの手紙、いくつか既に届いたのだけど、私たち自前のエアメールスタンプを持ってきてて、最初はそれ押してたのね。そしたらそれらが全然届かないの。ただ飛行機のイラストと「VIA AIR MAIL」って書いてあるだけのスタンプなんだけど、平壌は自分たちのハンコ絶対押さなきゃいけないらしくて…失敗したかも〜(´・ω・`)押したらダメだったのかな…。
この後、ホテルの郵便係のねーちゃん達にそのスタンプ押したハガキ渡したら「おー!おー!」とかびっくりされて、「ええええ?何か問題が?」って聞いたら、「このハンコはどこで!?」と。「日本のやつなの」って言ったら単にただ、珍しかっただけみたいで「へー!」って言われて「大丈夫!」とか言ってたんだけど…汗
現地エアメールスタンプがあるなら断然そっちのがよかったから押さなきゃよかった(´;ω;`)ブワッ

でも押してない日本の友達のハガキもまだ届いていないっぽいからわかんない…汗

・アヒルの焼肉を食べる
ヒルの焼肉、と人に言ったら「ええっ…」と言われたけど、日本の鴨肉って(そもそも鴨とアヒルって違いは全然ないみたいで)ほとんどアヒルらしいよ。で、アヒル自体はポーランドもまぁまぁ食べるので、2月にポーランド行った時義母が出してきたから私的には珍しくないけど、焼肉スタイルで食べるのは珍しい
f:id:misiu_teddy:20191013175150j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013175616j:plain:h200
ヒル美味いがガイドさんが焼肉奉行すぎるのと肉を一気に焼くもんだから、忙しすぎてゆっくり食べれないwww
うちの旦那くんは徴兵を逃げた男(本当・今はポーランドに徴兵は無く全員恩赦)、という話をしたら、北朝鮮は志願制だと言う。ええ〜っ。ガイドさんは色々経歴が複雑で、3年ほど軍にいたこともあるらしいけど、ガイド君は行ったことはないという。確かに行ったことなさそう。北朝鮮の徴兵制は10年と聞いていたけれど、本当に10年行ってたら平壌に若者はいなくなってしまうはずだけど実際はそんな風に見えないので、確かに平壌では志願制なのかもしれない…が
北朝鮮は地方と平壌で事情がだいぶ異なってくるので、地方ではそれ以外の選択肢が無いのではないのか?と予想。平壌でも、こいつ勉強できねえわーって落ちこぼれは軍隊行くんじゃね?とか思う。
ガイドさんは軍にいた頃、色々大変だったけど、夜勤とかの合間にコツコツと大学に入り直す勉強をしたんだそう。えらい…。

ところで、旦那くんが徴兵を逃げた方法は「形だけホームレスにして本人はロンドン」です…(汗)

平壌の駅前をぶらぶら歩く
ガイドさんは明日の準備で一旦会社に行かなきゃいけないというので、ガイド君とふらふら平壌の駅前を歩く
f:id:misiu_teddy:20191013180439j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013180641j:plain:h200
たまにトロリーバスの電線からバチバチッと火花があがってちとびっくり…汗
f:id:misiu_teddy:20191013180717j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013180750j:plain:h200
駅前はとにかく大混雑。腕を組んだカップルや仕事帰りの友達同士もちらほら…
f:id:misiu_teddy:20191013181508j:plain:h200
地方からの万里馬運動頑張ってます報告。「増産の導音激しく響きゆく、祥原セメント連合企業所とスンチョンセメント連合企業所」とか書いてある。北朝鮮はどうも経済を気合いでなんとかしようという感じが日本以上に…(-_-;;;)
f:id:misiu_teddy:20191013182845j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013183226j:plain:h200
ポーランドと同じようなキオスクがそこら中にある。社会主義的景色?旦那くん「ポーランドよりカウンターの窓が広いからきっと安全なんだね」
f:id:misiu_teddy:20191013183531j:plain:h200
ガイドくんがアイス買ってくれた。実はガイドくん、トラブルがあって(これは北朝鮮の貨幣問題に多分繋がるので後述する)「これしか買えませんでシタ、ごめんなさい」と言う。そしてしきりに「これは美味しくないですヨー…汗」と言ってたけど、え、普通に美味しいよ。ガリガリ君りんご味って感じ。一口齧った後に写真撮ってないことに気づいて慌てて撮る
f:id:misiu_teddy:20191013183802j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013183839j:plain:h200
「りんごエスキモー」という名前。
f:id:misiu_teddy:20191013184202j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013184453j:plain:h200
いかにも北朝鮮っぽいプロパガンダ看板。ちなみに旦那くん曰く、資本主義になりたてのポーランド社会主義時代こういう看板が「セールとか、広告企業とかによって時期でコロコロ変わる」というのが無かったから、皆、手塗り?か何かで看板作ってたので、西側諸国みたいに「セール30%」の看板出してはみたものの、セールが終わってるのにしばらくそのまんま…ということがよくあったらしい(苦笑)ま、ロンドンも時期過ぎてるのにそのまま…よく見るけどね
f:id:misiu_teddy:20191013184713j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191013184925j:plain:h200
がんばったで賞の人たち
f:id:misiu_teddy:20191013185151j:plain:h200
写真屋さん多い
f:id:misiu_teddy:20191013185417j:plain:h200
高麗ホテル★

はてなフォトライフの今月のファイル利用量が限界に達しちゃうかも…苦笑
つづく。

ミッション321日目

・旅のメンバー紹介
ガイドさん(アラフォー)…日本語はガイド君より堪能。ガイド歴6年。確か平壌外語大卒。英語はわからないが中国語も喋れた。そっけない態度をとったり妙なところ食いついてきたりはぐらかしたり乗ってきたり真面目だったり、思った通りの北朝鮮ガイドという感じではあるけど、なんだか色々手を尽くしてくれたりする。笑っていいのかわからないジョークも言う。ツンデレか。経歴が複雑。最近お子さん生まれたばかり。北朝鮮では晩婚(最近の日本だったら普通…)。本当はもう1人子供が欲しいが奥さんはいらないと言ってるらしくそこが悩み中

ガイド君(アラサー20代)…平壌外語大卒。日本語ガイドだが英語も喋れる為抜擢されたらしい。けど、あくまで日本語ガイドだから英語だと「これ英語でなんでしたっけwww」とか言ってる。日本語はガイドさんより訛ってるが、中国語もちょっと喋れる。フランクで超今時の若者っぽい。北朝鮮でも今時の若者は今時の若者である。最近同じガイドの彼女ができて超リア充。だけどガイドの仕事してると中々すれ違い生活なのが悩み。寅さんファン。天空の城ラピュタも好き。旦那くんと英語で喋りたくてしょうがない様子。

運転手さん(アラフィフ)…朝鮮語のみ。物静かで淡々と職務をこなす。お子さん2人。お仕事中だからお酒は飲めないのにお酒出されたりして「困ったな…」という顔をしたりする。北朝鮮も飲酒運転は日本ほどではないがロンドンよりはかなり厳しいらしい。

私と旦那くん…能天気夫婦

・おはよう平壌
平壌の朝は忙しない。通常の一般ぴーぽーは自家用車を持てないので(…といっても、最近はめっきり交通量が多くなって北京みたいに「奇数日は奇数ナンバーが走れる」とかあるらしい)、公共交通機関は大混雑。庶民の足はトロリーバス、トラム、普通のバス、あと地下鉄。タクシーもたくさん走ってる。北朝鮮は現在経済制裁で石油の購入に制限が有り、足りないのがとにかく困ってるらしい、ので電気のトロリーバスやトラムが多い
f:id:misiu_teddy:20191010034147j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191010034239j:plain:h200
写真スーパー遠慮してたら、「撮っていいんですよ!!!」って言われたwww写真は工事現場と軍人さん、あとは検問所以外はだいたいオッケーらしい。主席と総書記は真ん中に写してほしい、とのこと。上手く撮れなかった通勤応援団。働く人を応援するボランティアグループらしいよ
f:id:misiu_teddy:20191010034444j:plain:h200
なんかがらーんとしてる共産主義にありがちな道の広さなので(ワルシャワもそうwww)人が少ないように感じるんですけど、バスの中は凄い満員だったり、実際はけっこう人いる

世界遺産都市、開城へ行く
開城は韓国とのほぼ境目、38度線の近くにある。朝鮮戦争時は北朝鮮になったり、韓国になったりして最終的には北朝鮮になった。平壌からは結構遠い。高速道路…あんまり車とすれ違わない…しかも人歩いてる…をぐんぐん進む。
f:id:misiu_teddy:20191010035103j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191010035215j:plain:h200
とにかく景色は田んぼ、トウモロコシ、トウモロコシ。…たまに街。養蜂だの、牛さんだの。ヤギさんだの。アヒルさんだの。あと綺麗なコスモス。牧歌的な風景がひたすら続く。稲刈り手でしてたり。秋だね〜〜っ。ガイド君曰く「農家の人は大変ですカラ、平壌の人もボランティアでお手伝いに行ったりしますネー♪」…とのこと。「トウモロコシは朝鮮語で?」と聞くと「강냉이(かんねんい)」うむ、ここは北だ(韓国でも方言でそう言う場合もあるらしいけど、標準語は옥수수(おくすす)。韓国だとポップコーンのこと강냉이って言ったりするみたい…)。
f:id:misiu_teddy:20191010035328j:plain:h200
…ってか、旦那くんとガイド君「畑仕事の後にジャガイモを焚き火でくべて食べるとすげえ美味い」という話で盛り上がっているんだけど…。ごめん、私、シティーガールだからわかんないわ…。焼き芋は好きだけど…
f:id:misiu_teddy:20191010035742j:plain:h200
高速道路の横で手を挙げてる人をよく見かけたんだけど、よく考えたらこれヒッチハイクしてるってことかい!乗合バスも見た。小学生らしき子供たちが普通に高速道路の上歩いてる( д) ゚ ゚てか全然車の量少ないし。ちなみにこの道路、韓国まで続いてるっていう。はい。韓国と全く違う景色に、文在寅大統領はどう思ったんじゃろ…。

板門店へ行く
去年、韓国からいけなかった38度線の板門店へ。実はこの板門店、韓国から行くより北から行くほうが緩いともっぱらの噂。区域入り口のところのお土産屋さんで旦那くんが手書きのポスター2枚買ったの予想外…ってそれどこに飾るんだよ…汗
f:id:misiu_teddy:20191011045000j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191011045417j:plain:h200
説明を受けるが、かっ…韓国の太極旗が!ない( д) ゚ ゚うーむ、南朝鮮傀儡政府。そういえば、私が韓国人と知り合ってビックリしたのは、韓国人が自分の国の地図を描くと朝鮮半島全体(…ついでに鬱陵島竹島…って私納得いかないのが、だったら白ニョン島も描けよ、といつも思う)描くんだよね。そりゃそうか。しっかし中国人団体客が多すぎて騒がしすぎて困る(-_-;;)
f:id:misiu_teddy:20191011050115j:plain:h200
実は停戦協定調印場は北側にあるので内部見学〜〜
f:id:misiu_teddy:20191012185533j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012185659j:plain:h200
連合国は調印した後慌てて逃げ帰って忘れた…とかいうことらしいが、単にいらなかったんじゃなかろうか。両方とも同じ箱に入ってるのになんで北朝鮮側だけ綺麗なんだ苦笑
f:id:misiu_teddy:20191012190809j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012190957j:plain:h200
英語を話したいガイド君、一生懸命英語で説明していたが、写真を撮るのに夢中な旦那くんに「アノ人聞いてないですネ…?」「旦那は夢中になるといつもそうです(-_-;;;)」「じゃあ日本語でテディさんに説明しマス〜」と説明してくれた。すまんね…。ポプラ事件のマジもんの斧、らしい。これアメリカ兵殺したやつ??
f:id:misiu_teddy:20191012191339j:plain:h200
金日成主席の親筆碑。統一関係書類にこれ書いた数日後に亡くなったらしい。
f:id:misiu_teddy:20191012194501j:plain:h200
うっむ…。この先にあのソウルの街並みがあるのかと思うとにわかに信じられないなー…。この近くまで去年来たんだけど…。このままソウルに行って買い物したい…爆
f:id:misiu_teddy:20191012200526j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012200639j:plain:h200
韓国の旗と北朝鮮の旗。太極旗の下には実際に住んでいる人がいるが、北朝鮮の方は本当のところどうなんでしょうね?ただ言えることは板門店の周りめっちゃ畑でトウモロコシとか植えてあったので農家はいるみたいだ(; ・`д・´)
北朝鮮国旗の向こうに見えるのが、開城工業団地。「今は動いてません」と言ってたけど、勝手に北が動かしているとの話もあり。そう考えると開城工業団地はかなり韓国寄りにあるのね
f:id:misiu_teddy:20191012201307j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012201400j:plain:h200
適当に手を振ったらガイドさんに「こらこらwww」と言われる。「こらこらwww」で済む北側…(韓国側はこらこらでは済まないらしい)。しかも北朝鮮の軍人さんと写真も撮れたwww…敵は中国人観光客だったけど涙
ただ、こんな呑気な北側からでも今回、軍事停戦委員会本会議場(青い家)には残念ながら入れず…。残念。まぁ、去年なんか板門店に到達すらできなかったから。しかもついった見てたらこの1週間後、台風の影響で板門店すら行けなかった人とかいたみたいだし

・開城観光
開城は世界遺産都市である。「え?北朝鮮にも世界遺産があるの?」とか言われたけど、当然ある。
f:id:misiu_teddy:20191012203152j:plain:h200
世界遺産高麗成均館。成均館は高麗と李氏朝鮮時代の最高教育機関でソウルと開城にあった。そしてソウルには今だに同名の成均館大学校がある。「セイキンカン〜」と言われるので「ソンギュッガンでしょう。最近は日本も朝鮮語朝鮮語読みが主流な気が」「えっ、そうなんですか!嬉しいデスねー」
f:id:misiu_teddy:20191012204129j:plain:h200
…韓国のドラマトキメキ☆成均館スキャンダルのせいとか言わないよ。
(前に勤めてた会社の人が奥さんとドラマにハマってたらしく、よく「トキメキソンギュッガンがさ〜」って言ってた…)
中は博物館になっていたが、展示品はこの後日見る博物館たちに比べるとかなりテキトーに展示されていた(苦笑)。多分基本、この国は主席が現れる以前の歴史にはあんまり興味がないのではなかろうか。でも、現存している金属活版印刷は朝鮮のものが本当に最古のものだそうだ(ネット調べ)。檀君は朝鮮では実在の人物扱いだが実際は神武天皇みたいなもんである。
…とはいっても、実はガイドさん達「ウリナラは〜」どころかかなり自虐ネタが多くてどう反応していいのか戸惑うこと多し( ̄◇ ̄;)
f:id:misiu_teddy:20191012204338j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012204546j:plain:h200
秋晴れの良い天気、良いシーズンだからか結婚式日和らしい。いいねえ。
f:id:misiu_teddy:20191012202603j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012202809j:plain:h200
これはかなり伝統的なやつ。
f:id:misiu_teddy:20191012202916j:plain:h200
「うちら、結婚式はやってない」って言ったら旦那くん、ガイド君に切々と「結婚式の重要さ」を説かれていた(苦笑)「結婚式は男性のためじゃないです、女性のためです。女性が人生で一番輝く日はいつだと思いますか!?」みたいなwwwごめん、うちが結婚式やってないのは旦那くんのせいじゃないんだ…笑
f:id:misiu_teddy:20191012230646j:plain:h200
秋の北朝鮮はコスモスがとにかく美しい。ネット情報だと金正恩が植えるように指導したとかナントカカントカ。コスモスを真面目に見たのって何年ぶりだろう。しかしコスモスって外来種なのよね(日本でも)
売店があり、お茶を買ってみたりする。売店のところにはだらだら〜と座っているチマチョゴリ姿の女性達がいて、「オツカレサマデ〜ス」「あれ、日本語で挨拶はなんだっけ?」「あ、コンニチハ〜」なんて言ってた…笑
f:id:misiu_teddy:20191012231326j:plain:h200
近くには大学。旦那くん、この大学の建物に何故か大興奮。まぁ確かに素敵な建物だよね。何大学か聞かなかったんだけど、手元の資料だと高麗成均館大学(軽工業総合大学とも言うらしい)?でもこの資料無茶苦茶古いから、今もその名前かは謎…。当然、ソウルの成均館大学校とは関係ナイ
f:id:misiu_teddy:20191012231851j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012231946j:plain:h200
善竹橋。倭冠を討伐に参加し、日本に交渉にも赴き、学者でもあり優れた官司でもあり、忠臣の代名詞と言われる鄭夢周が暗殺された場所。ガイド君「オレンジの跡は彼の血だって言われてマスケド…違うと思いマス笑」彼が暗殺された後、誰も渡れないようにこのように柵が設けられた…んだっけかな
f:id:misiu_teddy:20191012232938j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012233144j:plain:h200
ガイドさん「今お昼休みで閉まっちゃってますが、隙間から見えますからちょっと見てみましょう〜」表忠碑を門から見る。これも世界遺産
f:id:misiu_teddy:20191013000647j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191012233418j:plain:h200
鄭夢周の忠誠心を讃える為のもので2体の亀さん。「どっちがメスですか」「…確か、右がメスだったかな」本当??
f:id:misiu_teddy:20191012233608j:plain:h200
うーん…。なんか全部載せてたら長くなってきてしまった。盛りだくさんの北朝鮮観光、開城観光日記、その2につづく。

ミッション320日目

・宿泊先は平壌高麗ホテル
有名?なツインタワーのホテルで歴史ある老舗ホテル。ここに泊まってみたい!と訴えてた通りに希望が叶った。が、JSさんは「リクエストは出しておきましたけどね、俺、あのホテル嫌い…エレベーターが…」と言ってたのだけど、宿泊してみたら理由がわかった(苦笑)エレベーターが朝、タイミング悪いと無茶苦茶混んで全然こないの…ホテルのサイズに比べてエレベーターの内部サイズ小さすぎ…
f:id:misiu_teddy:20191005192652j:plain:h200
部屋の扉を開けると「懐かしい古い日本のホテルの匂い」がした。旦那くんに言っても理解してなかったけど。
f:id:misiu_teddy:20191005192732j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191005192829j:plain:h200
部屋は無茶苦茶広い。寝室とリビングに分かれてた(1日ホテルで過ごす日があってもいいなと思った爆)。ただしベッドは凄く硬い
f:id:misiu_teddy:20191005193054j:plain:h200
部屋に冷蔵庫あったけど
f:id:misiu_teddy:20191005193132j:plain:h200
ステッカーでごまかしてるけど思い切りSANYO製じゃねーか!っていう(北朝鮮はそういうの多い…汗)。
f:id:misiu_teddy:20191005193201j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191009033815j:plain:h200
トイレとかバスはTOTOだし(これは隠してない)。経済制裁前の日本との貿易が活発な頃のホテルだからか、日本の香りがプンプンするわ…。アメニティーは歯ブラシとかくしとか、シャンプーとか普通のやつ。ドライヤーはあるけどくっそ弱い。コンセントは日本と同じA型。北朝鮮の電圧は110と220ボルトらしい。国全体の電気は安定してないらしいけどホテルは大丈夫

ちなみに驚愕したのは、ホテルの窓からかすかに流れ星が見えたこと。これ…北朝鮮の山奥で天体観測したら素晴らしいんじゃないかと…

北朝鮮のテレビ
北朝鮮のテレビ局はこんな感じ。ちなみにどうやら最近はちゃっかり液晶テレビみたい…てか液晶テレビの方が安いか昨今は。街中で何故か朝っぱらから液晶テレビを担いで持ち歩くお姉さんとかいた…。ガイド君曰く「テレビは高いですケド、まぁ1万円ぐらいで買えますナー」とのこと。テレビは普通にちゃんと見れるが液晶が光漏れ(Screen bleeding)している。ブランド名「アリラン」。このブランドはスマホもあるらしい

①皆大好き朝鮮中央テレビ
北朝鮮のテレビ局といえば有名なこれ。アナウンサーの読み方が独特なやつ。これは海外からでも見られる。何故か天気予報しか撮ってなかった私…。北朝鮮のテレビは朝はやっておらず、夜、終わるのも早い
f:id:misiu_teddy:20191002103744j:plain:h200
「明日」が「래일(れいる)」であるところに北朝鮮を感じる。韓国語だと「내일(ねいる)」という。左側が新暦で、右側に旧暦が書いてある。もうちょっと若かったら北朝鮮と韓国の言葉の差異とかの研究したら楽しそうだったな
ちなみにこの天気予報の下の画面見て旦那くんが大興奮してたので「???」と思ってたら、
f:id:misiu_teddy:20191002103849j:plain:h200
これ!!!90年代のポーランドと!!!全く同じ!色まで同じー!!!!!懐かしいwwww
嬉しそうだなおい。

②万寿台テレビ
なんか週末しかやってないらしくて、到着日(日曜)だけかすかに見れた。
f:id:misiu_teddy:20191002104013j:plain:h200
昔は金正日テレビで海外の映画やドラマが観れるとか聞いたけど、やってたのは北朝鮮ドラマ?だった。前は平壌地域のみだったけど、現在は全国区で見られるらしい

③体育テレビ
スポーツ専門チャンネル。これも週末しか見られないらしい。サッカーやってた
f:id:misiu_teddy:20191002104124j:plain:h200
ライプツィヒVSバイエルン・ミュンヘンの試合。何故か北朝鮮はドイツとの関係も深い?らしい。東ドイツの影響かしら

④竜南山テレビ
教育チャンネル。これも毎日やってるわけじゃないのでやってる日とやってない日があった
f:id:misiu_teddy:20191002104347j:plain:h200
英語学習の番組やってたり(英語字幕で英語を流すというのはNHKより良い)
f:id:misiu_teddy:20191002104421j:plain:h200
朝鮮料理の番組やってた
…と、ここまでが高麗ホテルで見られたチャンネルで、でもガイド君曰く「チャンネル数は5つ」らしい。もう一つ海外ニュース&映画のテレビあるっつってたような。
f:id:misiu_teddy:20191002104714j:plain:h200
高麗ホテルの客室では普通のNHKも見れたりBBCも見れたけど、BBCは電波の具合が悪いのか難しいのかあんまり見れなかったので大体NHK見てた。NHKも見れない時あったけど、BBCに比べると近いからか比較的よく映る
f:id:misiu_teddy:20191002105554j:plain:h200
韓国がらみのニュースも普通に見れます。旅行中はガイドも同じホテルに泊まらなければいけないが、おそらくガイドの部屋は映らないんでしょう

・ホテルの朝ごはん
…はビュッフェ。コーヒーは有料と聞いていたが、結局最終日まで一度も払ったこともなければ支払いを求められたこともなかった…wビュッフェは外国人用で、1階にはガイドさん達が食べるお食事どころがあった
f:id:misiu_teddy:20191009033930j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191009034201j:plain:h200
目玉焼き焼いてるおじさんに「おー!すごい!」って言ってたらおじさんちょっと「えへへ」って顔してた…(笑)おかゆばっかりなのは私のチョイスで普通にパンもあったよ(旦那君はパン食べてた)。北朝鮮ツアーご飯がいっつもいっぱいなので、胃が小さい私には朝減らさないと午後きつい( ̄◇ ̄;)キムチ美味しい
f:id:misiu_teddy:20191009040314j:plain:h200
なんかこのポテトチップスすっごい美味しかった。これ売ってたら買うよ…マジで…
f:id:misiu_teddy:20191009034400j:plain:h200
宿泊客には丹東の駅で出会った日本人お姉さんズに、中国人グループ。欧米人グループも少し泊まっていた。日本人女性ズ以外はなんとなーく年配の人が多い…欧米人も…。意外と若い子いないんだな〜( ̄◇ ̄;)(高いから…?時期の問題…?)。なんでおじさんおばさんが多いんだろう。ちなみに、リピーターのお姉さん曰く高麗ホテルの冷麺も美味しいそうです。年々味が落ちてるって言ってたけど…
f:id:misiu_teddy:20191009034536j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191009034648j:plain:h200
朝ごはん会場の前にはオサレなカフェ?カウンターありましたが、ま、客はおらず私が旦那の毎朝のなっがいトイレ(大)を待つ時に座ってたぐらい…?雑誌が置いてあったけど、客がいなくなったら回収してた笑
f:id:misiu_teddy:20191009034938j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191009035102j:plain:h200
…てか旦那君の長すぎて朝の集合時間数分すぎた為にガイドさん達に日本語で「っていうか男なんだからさっさと出して済ませろって毎回思うんですよ!!!」って言い放ったら「ぶっw」って笑ってたわい。
f:id:misiu_teddy:20191009035659j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191009035758j:plain:h200
エアドライヤーもTOTOだった(これ動いてるの?ってぐらい弱いエアドライヤーがいっぱいある中これは凄く強くてよかったです…)

そうそう、写真は無いけど売店もあったよ。なんか…日本のものかなーり売ってたけど…。

ミッション319日目

・そういえば
本当は北朝鮮とか北朝鮮人とか書くのはお国的にはあんまり良くないのだけど、わかりやすいので便宜上そう書くことをご容赦頂けると助かるよ。
ちなみにもちろん、向こうでは「朝鮮」とか「共和国」で通したよ。韓国のかの字も出さなかったし。

・テキトーな入国審査
新義州駅に着いて入国審査が始まった。外を見ると大きな金日成金正日の顔。外に見える電車はまるで、紙粘土で作って適当に色を塗ったような質感をしている
f:id:misiu_teddy:20190930234221j:plain:h200
入管職員がやってきてパスポートとビザを回収していく。荷物チェックがあるというのであーやだなー、旦那くんに「ムカついたらポーランド語言え」などと言う…が、税関職員?のおっちゃん

職「にっこにっこにー!(⌒▽⌒)」

…はい?(´・ω・`)

職「はいはい日本人とポーランド人ね!旅行ね!夫婦?ほぉー!あー座って座って!トランクを開けてくれるかなー?(⌒▽⌒)(朝鮮語と英語混じり)」

私「はい。あ、ゲーム機ありますが(英語)」

職「ゲーム、はいはいゲームね、ゲームはいいよ。携帯は?2つね。1人1個?はいはい。カメラある?カメラね」

私「本ありますけど。北京のガイドブックですが…(地球の歩き方北京)」

職「はいはい本見せてね。(北京の文字を指差しながら)북…경(ぷっきょん/北京)!!(⌒▽⌒)」

おじさん漢字読めるんだねー…わー…すごいねー…
流石に本は丹念に調べてたけど、たわいもないガイドブックだからか、返される。そんで

私「そういやタバコありますよ。はいどうぞ(吸わないけど、日本のセブンスターを帰国した時に買って持ってきた)」

職「…!!!!이…일본산(いるぼんさん/日本産)!?」

私「(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン 」

もうおじさんスーパーニコニコ!!!(⌒▽⌒)(⌒▽⌒)(⌒▽⌒)にっこにっこにー!!!

私「旦那のトランク…」
職「あ、もういい!もういいよ!!!あ、もういいからね、はい次の人ー!(同室のおっちゃん夫婦呼ばれる)」

いいのかよ!!!!!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!

ま、怪しいもの何も持ってないし、違反なことする気も全くないけど。
北朝鮮はモバイルバッテリーの持ち込みがしょうもない理由で難しいと聞いてたのに、全く構える必要もなかった…
おっちゃん夫婦が入国審査受けてる間、外で待つことに。北京から一緒で車掌さん達と一緒にお弁当分けてくれた北朝鮮人のおっちゃん(医者のおっちゃんとは別)と少し話す。なんでも食堂車がこの後つくから食べれるよ!という話。医者のおっちゃん達のが終わったので、部屋に戻ると、おっちゃんが「カメラとか携帯はね、厳しくないんだけどこの国はUSBとかメモリーカードが厳しいんだよ」と言っていた。医者のおっちゃんにもセブンスター1箱あげる。「おお…日本のタバコか、日本のタバコはいいな」とのこと

どうも北朝鮮旅行者のブログとか見ると、金正恩政権になってからかな?旅行者の携帯持ち込みとかも段々厳しくなくなったらしい。
(でもこの税関のおっちゃんが特段優しすぎるというか…)

結構な時間入国審査を待ち、別の女性入国審査官がやってきて、医者のおっちゃん夫婦と知り合いか友達らしく人を全く気にせず目の前でだらだらと世間話してる( ̄◇ ̄;)どうも聞き取れる単語を聞くに、アフリカでの話やアフリカの医療、病気の話をしていたようだ
パスポートとビザが帰ってきてようやく電車が動き出した。パスポートを返す時に北朝鮮人には「●●동지(同志)!」と言うところにすっごい北を感じる。〜さん、みたいな意味合いで使ってるのかな。韓国語じゃ使わないよ…。何故か私は「えーと…テディ!」と呼び捨てである
弁当の売り子さん達がやってきたけど「食堂車」と言ったところ「どうぞ、あっちにありますよ」と促されたので行ってみる。弁当くれたおっちゃんとまた会い、「食堂車がついたよ〜!같이 가자!(一緒に行こう)」と言われる。中国で電車が変わって、新義州市で食堂車が接続されたらしい。おっちゃんにせこせこ連れられ、食堂車へ

おー!マイケル・ペイリンが英国のテレビ番組でご飯食べてた食堂車だ!テレビからはひたすらNK-POPが流れてる
f:id:misiu_teddy:20190930232134j:plain:h200
何が食えるのかね?と思ったら、ランチセット一種類しかないらしい。あとビールを頼む。うん、素朴だけど結構美味しい。噂通り、韓国ほど辛くはない
f:id:misiu_teddy:20190930232831j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20190930232958j:plain:h200
この麺が結構美味しかった。
f:id:misiu_teddy:20190930233133j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20190930233405j:plain:h200
会計すると何故かMeijiのガム貰う。よくよく見ると車内販売員が売っているものには日本製のカップヌードルなどがあった

中国国内は高速鉄道だったけど、北朝鮮に入ってからは鈍足。おそらくレールの具合が全然違うんでしょう。外の風景を見るが、皆が想像する北朝鮮の田舎の風景がどんどん続いていて、そしてまじで田んぼばっかりである。車はほとんど通らない。実りの秋なのかたわわに稲穂が実っていてとても綺麗だが、あまりに植えすぎである。空いたところにはトウモロコシまで植えてるし。よもや噂の主体農法?土壌にはあまり良くない気がするな。農業は手作業で行っているっぽい。川べりには子供達が本当に笑顔で楽しそうに遊んでいたり、列車に手を振っていたり。川で洗濯している人も。明らかに貧乏…ただ、貧乏なのだけどちゃっかりと電動自転車に乗ってる人も携帯電話で話している人も普通にいる。時代だぬー。何故か見張り台にいる軍人の格好をした子供はいつも女の子である。謎。
f:id:misiu_teddy:20190930232236j:plain:h200
面倒くさかったのか疲れてたのか遠慮してたのか、別に写真撮っても問題ないのに、あんまり写真撮ってなかったのをちょっと後悔してたり。旦那くんが道を見て「とても懐かしい、90年代のポーランドを思い出す」と言う。埃っぽく、白っぽい道路。車が通るとわぁっと白い煙が捲き上る。今は普通のアスファルトだが、90年代社会主義あがりのポーランドは同じ道路だった、と言う。

夫「フリントを固めて作るんだ。このタイプの道路は暑さにも寒さにも弱くてすぐ割れる。ポーランドも昔はこうだったなー。農家の建物とかはね、ちょっと感じが違うし…ポーランドは米じゃないけど、なんだか凄く昔のポーランドに似ているよ」

電車が遅いからか線路沿いでも平気で人が歩いてる。母親が生まれた時ぐらいは日本もこんな感じだったのかな、と思った。子供の時、上野駅のプラットホームに新聞紙を引いて、そこに座って電車を待ってたって話をしてたっけ…今では想像もつかないけれど。そういえば、母親は昔、ニュースを見ながら「金正恩はこんなに若いのに大変だねえ…」とかぼやいてたな苦笑
とにかく遠すぎて、旦那くんと寝たり起きたりを繰り返しながら平壌に到着するのを待った。同室の医者のおじさんの奥さんも大変疲れている。おじさんに「何で電車にしたの?飛行機ならすぐじゃないか」と言われたけど、夫が「妻が電車の旅が好きなんです」と答える

本当に時間がかかった。日本の電車はダイヤが正確で早いから、日本人はすぐ電車を使いたがるが、ポーランドでは電車はかなり遅い(北ほどじゃないけどね・ポーランド版新幹線のペンドリーノを除く)のでポーランド人は電車をあまり信用していないきらいもあり、皆、電車よりは高速バスを選ぶ傾向がある…と思う。ペンドリーノもいつか事故るだの散々disられているらしい。電車って、結構高級で維持費がかかる乗り物なのだ

・I've seen it allの世界
Bjokeが出てた映画ダンサー・イン・ザ・ダークの主題歌「I've seen it all」という曲があるのだけど、北朝鮮はこの曲がピッタリだと思う。
鈍い電車のリズム、汽笛の音、時折残酷な歌詞と美しいメロディー。本当に凄く似合うと思う。
多分北朝鮮人はこの曲知らないと思うけどね。知ってるのかな?聞かなかったのでわからない。

・遂に平壌
列車は数十分の遅れで平壌についた。ガラーンとしている広いプラットホーム。たくさんの人が降りていく。私たちはどこ行きゃいいんだ???迎えが来るはずじゃ???と思ってうろうろしてたら、やっと旅行会社の男性ガイドさん2人が来た。1人は40歳ぐらい?もう1人はめちゃくちゃ若い。40歳ぐらいの人は「ガイドさん」で、若い子は「ガイド君」にしとく。ガイドさんは日本語しかわからないが、ガイド君は日本語と英語が話せるようだ、でも彼は基本的には日本語ガイドだという。
f:id:misiu_teddy:20191008030547j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191008030636j:plain:h200
駅を出る際に、あの同室のおっちゃんに肩を叩かれ、「よっ!おっ、これが君たちのアテンドさんかい?」と言われて、おっちゃんは去っていった。ちゃんとお別れ言えなかったわ〜。おっちゃん元気でな〜〜(´・ω・`)
f:id:misiu_teddy:20191008030733j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20191008030915j:plain:h200
ガイド2人と運転手さんとご飯を食べる。この後石焼ビビンパも出てお腹いっぱい。寡黙な運転手さんは日本語も英語もわからない。ホテルに着いたら明日からの予定を打ち合わせしたいという。中々せわしない。普段私たちはどこへ行っても1日どこか大きいところを入れて後はダラダラしていることが多いので、こういった日本的せかせかツアーは超久しぶり。体力持つかな

ミッション318日目

・泊まってたホテルのおばちゃん
北京のホテルは昼12時チェックアウトが多いのがとても良かった。
…ただ、元々思ってたホテル(名前が凄い似てたの…別支店?)と違ってランクが下がってしまったためか(一応3つ星)、部屋はとても広くて快適だったけど、スタッフの質は正直イマイチ。駅から遠い。でも、掃除のおばちゃんはめちゃくちゃ優しくて、私たちが部屋にいるとわかると笑顔でお水のボトルを2つくれ、「手紙」と書いて見せるとトイレットペーパーをくれ、ゴミ箱だけ変えてくれた。中国のホテルは水を無料でくれるとこが多いのが良い

夫「スタッフには★1だけど、掃除のおばちゃんには★5つあげたい!」

でも朝ごはんは美味しかった。

北朝鮮へは生まれて初めての寝台列車
丹東から列車入国する人が多いみたいだけど、JSさんから「あまりに北朝鮮へ旅行に行く人が多く、丹東〜平壌の列車チケットが入手できない」と言われ、北京から寝台列車平壌へ行くことに。追加料金がまたかかったが、これは結構当たりだったと思う。駅前のホテルでチケットとビザを受け取る予定が、スタッフのおじさんが国慶節で一部市内路線が封鎖、心配だというのでホテルまで渡しに来てくれた
f:id:misiu_teddy:20190930175409j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20190930175524j:plain:h200
小綺麗にしている市内とは違い、北京駅は皆が想像する中国って感じで超カオス。国慶節の件もあり超早めに到着してしまった為、北京駅でずーっとダラダラする羽目に…。ただ、警備員が回っており、横になって寝ている人や変な人なんかを凄い勢いで注意しまくってた。気が弱そうな職員は怒鳴られててかわいそうだった…。
f:id:misiu_teddy:20190930180130j:plain:h200
ようやく平壌行きの電車に乗り込む。あの金日成金正日バッジを付ける人を目にするように(北朝鮮では肖像徽章という名前らしい)。何かの青年団みたいな人たちがいた。列車のナンバーを確認したが読み方がわからずホームでダッシュする羽目に…。
乗客はかなり多いものの、ほとんどが丹東へ行く人たち。平壌まで行く人はわずかしかおらず、最後尾の2車両ぐらいが平壌行き。北朝鮮青年団に「はろ〜」と声をかけると「はろ〜!(^▽^)」と返事がきた
f:id:misiu_teddy:20190930180319j:plain:h200
お?感じが良いぞ!
f:id:misiu_teddy:20190930180520j:plain:h200
やはりバッジをつけている北朝鮮の車掌さんにチケットを見せる。てかこのチケット…国籍が「日本」しか書いておらず、旦那のパスポートナンバーは書いてあるのだが、おいおい旦那どうした!?と…。「부부(夫婦)!제 남편(私の夫)!뽈스까(ポーランド)!」と言って乗せてもらう(爆)「お、おう…」と言われて乗れた

…ちなみに、この「ポーランド」という言葉、南北で差異があり、뽈스까(ぽるすか)というのは朝鮮語。韓国語では폴란드(ぽらんどぅ)と言う。韓国は英語からで、北朝鮮はロシア語から、なので、北のほうがポーランド語と同じ(ポーランド語で「ポーランド」は「Polska(ぽるすか)」)
f:id:misiu_teddy:20190930180707j:plain:h200
列車に乗り込むと、やがて同じコンパートメントのおじさんと奥さんがやってきた。なんとおじさんは英語が通じたので少し話してみると、「北朝鮮人で政府の仕事でザンビアに5年滞在していた小児科と婦人科の専門医」だった。どうやらドバイと北京経由で北朝鮮に帰国するらしい。「ザンビアはいいよ、北アフリカは暑いけどね、南はそうでもないんだ。旅行で行ってみるといいよ」…まさか、北朝鮮人にザンビア旅行を勧められる日が来るとは…ってまたザンビアか!

お「朝鮮には旅行かい?何日滞在するんだ?何、5泊6日?そりゃ短いなぁ!白頭山は行かないのかい?あそこはいいぞ」

世間話をする。英国のことを色々聞かれる。ロンドンの暮らしはどーだとか、あーだとか、経済とか。ザンビアの話とか。ザンビアの医療のこととか。

お「ポーランド人女性は美人が多いな」

夫「皆よくそう言いますけどね、ポーランド人女性はうるさいですよ。気が強くて…」

お「そうか。英国のことはよく知らないが、正直イギリスの女性は美人がいないな。(`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!)朝鮮は、北の女性は美人が多いぞ。南はそうでもない。日本人女性は5、60年前はそうでもなかったが、経済成長と共に今は美人がとっても多いな。きっと健康的な食べ物をいっぱい食べてるからだろう(え、食い物のおかげ????メイクでは…)」

私「…私、美人じゃ無いですけど。しかもすっぴんだし」

お「うむ…本当どうしたんだその顔

おっさん、失礼だな!!!!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!

そんなつらつら話しをし、気づいたら電車は動いていて、やがておじさんは友達を見つけたからちょっと話してくるわぁ、荷物よろしく(おいおい、まだ出会って数十分の外国人に…)と言い残し、出て行った
すると車掌さん達がやってきた。英語は通じないがどうも

車「寒いか?寒くないか?携帯の電源あるからな!」

…と世話をやいてくれた。「何人?朝鮮には何しにいくの?おお、旅行!?」私も超しょぼい韓国語…間違えた朝鮮語で「夫婦なの、これ夫。ポーランド人なの、私は日本人」と言うと、「パスポート見せて、おお〜〜〜日本とポーランドだぁ!ありがとう!!!」

なんだこの人懐っこさ???

そのうちうちらもお腹が空いたので、食堂車があるというので行こうとしたら、車掌さんたちがわらわらやってきて何かを訴えてきた。行くな!ということらしいが何言ってるか私の乏しい知識じゃわからんので、私も怒って

私「진짜 배고파(ちんちゃ ぺごぱ/まじお腹すいた)〜!!식당차(しったんちゃ/食堂車)!!」

と言うと「おお〜배고파〜」と皆、おろおろしている。そのうち、あの英語喋れるおじさんを連れてきて、おじさんが通訳してくれた

お「ようするにだねえ、皆『中国の食堂車は麺しかないし、高い上に正直美味しくない。この人のお友達がやっているお弁当屋さんのお弁当があるから、それを食べないか?』っていうことなんだ。もちろんお金なんか取らないよ。朝鮮料理は好きかい?」

私が「うん、好き!」って言うと「おおそうかあー!」と車掌さんたちがお弁当を持ってきてくれた…!!!
f:id:misiu_teddy:20190930180947j:plain:h200
車「술(酒)もあるよ!」
私「お酒はあんまり旦那がね飲めないの、맥주 없어요(ビールないの)?」←図々しい

ビールもくれた…。しかも車掌さんが「맛있어요〜(美味しいよ〜)」とキムチまで持ってきた…。そのあと、友達の部屋でご飯食べてたおじさんがまたキムチ持ってきて、うちらがすでに持ってるの見ると「なんだ、もうあるのかぁ!!!!」と戻っていった
f:id:misiu_teddy:20190930181041j:plain:h200
お「このコンパートメント、君たちにあげるよ。うちらはお友達のところに泊まるからね。その代わりといってはなんだけど、皆の荷物を置かせてくれないかな。外国人の部屋の荷物の方が、色々ゆるいんだ」

私&夫「ええよ(ぉぃ)」(密輸してんじゃないんだろうな(-_-;;;))

というわけで皆、ぞろぞろ荷物持ってきて、部屋はうちらだけになり、電車の夜は更けていく…
この時点で、…あれ?北朝鮮ってもしかして、思ってた国と全然違うんじゃ…????汗と思うようになってきた。

てか、北朝鮮人にご飯を恵んでもらう日が来るとは…。人生(ピー)年生きてみると、色々あるな〜。もっと韓国語…じゃなかった朝鮮語ちゃんと勉強しときゃよかった

・遂に出国
目が覚めてぼけーっとしていると、列車は丹東に着いた。旦那くん、普段3秒で寝落ちするくせに「汽笛とガタンゴトンでよく眠れなかった」とか言ってる
f:id:misiu_teddy:20190930181757j:plain:h200
水買っときゃよかったな〜ビールも飲んじゃったし、なんて思っていると車掌さんがやってきて、「라면?라면?(ラーメン)」と言ってくる。うん、って言ったらラーメンくれた…(汗)「熱いからね、気をつけて!ふーふーするんだよ!」旦那くんは昨日のお弁当の残りを食べてた。
f:id:misiu_teddy:20190930181340j:plain:h200
しかもこのラーメン結構美味しかった。新たな発見だわ。ロンドンで見かけたらこれ買お。

車「맥주(ビール)いる?」
私「물 주세요(水ください)」←図々しい

f:id:misiu_teddy:20190930181526j:plain:h200
あ、北朝鮮の水だ!大城山泉水と書いてある。下には「平壌大城山の湧き水を〜」なんて文句が書いてあった

朝ごはん食べてぼけーっとしてたら、列車は動いたり止まったり。そのうち中国の係員がやってきて「何しとんじゃーい!!」って怒られた!パスポートもってこーい!他の荷物?いらん!みたいな感じで貴重品も持てず、パスポートだけ持って(旦那くんなんかスリッパ〜!!)降ろされる。出国審査しなきゃいけなかったらしい。大量の人、人、人!なんか係員に連れられて人超飛ばして出国審査させられた(汗)「あ、ずる〜い!」という日本語が!日本人だ!日本人女性二人組。
話しかけてみると、1人は訪朝6回目というプロフェッショナル(汗)「何回行ってもあの国は行き足りない!」とのこと。

急いで列車に戻ると、車掌さん達が超笑顔で「おお、来た来た〜!」なんて待っててくれて、ほっとしたわぁ。貴重品も無事!列車が満杯になったので、アフリカ帰りのおじさん夫婦も部屋に戻ってきた。
f:id:misiu_teddy:20190930182623j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20190930182733j:plain:h200
列車はそのうち、鴨緑江を渡り、新義州市へ。遂に北朝鮮入国だ〜