Goodbye Happiness, Hello Sadness

地球の彷徨い方&キラキラしてないロンドンライフ

ミッション366日目

・政府公認引きこもり、和尚がツー
というわけで、新年あけましておめでとう、ロンドンは相変わらずTier4、ロックダウンな上に旦那くんは早速正月から出勤だったんですけど、同僚がコロナ陽性だったらしいです…_| ̄|○
同僚と言ってもシフト勤務のため、最近シフトが合わず会ってなかった同僚らしいんですけど、念のために検査しなくちゃいけなくなった、との連絡(;´д`)
駅は閉めなくてもいいらしいけど、もう絶対どっかで感染してると思うロンドン生活
f:id:misiu_teddy:20210101233735j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20210101233825j:plain:h200
毎年、大晦日にご飯を大量に用意してあと正月はだらだらするスタイル(そもそもこっちは3が日ないし。今年は週末のおかげで3日まで休みだけど…)なんですけど、そうしたら旦那くんは大晦日が一番大切な日とちょっと間違った認識をしていて、張り切って大晦日に同僚と勤務交代して休みとってきたっていう
f:id:misiu_teddy:20210101234145j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20210101234252j:plain:h200
鏡餅の写真を韓国人の友達に見せたら、何故か興味津々で「開けたら見せて!」って言う。つうてもこれ、中に角餅入ってるだけのやつだけどなぁ笑
「いいよ、開けるのは15日頃かなあ?」って言ったら、「え!?1日に開けるんじゃないの!?」って。そしたら旦那くんも「え!?1日に開けるんじゃないの!?」って。あーた!去年も飾ってたでしょ!
まぁなんとなく寂しくてわざわざ高いお金出して鏡餅買ってます、はい。十二支のお飾りは前に友達にもらったやつ
f:id:misiu_teddy:20210101234640j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20210101234757j:plain:h200
イギリスに来て身についたスキルは?って聞かれたら英語……じゃなくて天ぷらを揚げるスキルだと思う…。
実家なんかてんやまで徒歩5分とかだったから、天ぷら作る必要が全くなかった…。天ぷらが好きでたまに食べたくなるんだけど、天ぷらそこらへんで買えないし涙
でも天ぷらって具を調整できるからヴィーガンとかの人が家に来ても作れていいかもね
あと、てんぷら粉もWeitroseには「Tempura batter」って名前で売ってたり。近所にないんでWeitroseのは使ったことがないんだけど…
f:id:misiu_teddy:20210101235351j:plain:h200
けど、実はえび天は冷凍のがそこらへんで買えるの!しかも味も悪くない(小さいけど)ので、えび天だけ既製品。オーブンでちょちょいと焼く
www.tesco.com
なんとなーく巻き寿司巻いてみた。苦手。具はスモークサーモンにアボカド、だし巻き卵のやつと、スモークサーモンじゃなくてスパムを砂糖醤油で味付けしたやつ。旦那くん、お皿の半分ぐらい平らげる。「このスパムのやつが特に美味しい!」うーん、外人?(外国人ですけども)
f:id:misiu_teddy:20210102000825j:plain:h200
花れんこんは旦那くんは明太子が嫌いなので手をつけなかったけど、だし巻き卵は一つも食べてないのに全部食べられちゃってて、そんなに好きなら卵焼き器やっぱり買おうかな(1年に2、3回はコンスタントに「欲しいな…」って思ってる)って思うし、たまには海苔巻き作ってやるか…って思ったのでしたん
実は、伊達巻でも作ってみようかなって思ってたらまさかのはんぺんが全売り切れ、次回入荷は2月って言われちゃってね…(遠い目)

晦日は、旦那くん大好きな「笑ってはいけない」を見てたよ。「俺、お金があったらDVDを全部揃えたい!」とか言ってたので、今度っから誕生日にあげようかな(-_-;;)

・そういえばその後の顛末
そういえば、コロナは信じないだ、マスクは余計に病気になるから要らないだ、ロックダウンは不要だ、コロナなんか信じてるの!?などと言っていた旦那くんの筋肉バカいとこたちなんですけど〜…

彼らの姉ちゃん、ポーランドでコロナに罹患
(いとこのねーちゃん、イギリスにいたこともあったけど、イギリスに馴染めず稼いだらさっさと帰国して、今はポーランドにイギリスで稼いだお金で超ゴージャスな家を建てて住んでるのね〜)

幸い症状は重くなかったらしいんですけど、2週間以上経っても後遺症があってあんまり具合よくないとのこと…(義父談)。ちなみに、ポーランドでは警察がちゃんとStay Homeしているか見にきたらしいですYO!
流石に筋肉バカ達もこれで信じたんじゃね?コロナ…(-_-;;;)って旦那くんと言ってる
f:id:misiu_teddy:20210102015301j:plain:h200
カップ麺祭り。チキンラーメン5袋がまさかの2,000円近い価格とふざけた金額になってましたけど、普段は「そんなの絶対買わない」という旦那くんが年末ぐらい、と太っ腹で買ってくれますた(チキンラーメン好きなの知ってるから)

ミッション365日目

・またかい
イギリス、ロックダウン後に3段階のTier制というのを始めて、地域ごとに感染率などを政府が確認して、段階的な部分的ロックダウンを行い始めたのですが。
11月のロックダウンが明けるも、2週間でTier3(レストランやパブは持ち帰り以外閉鎖)へ突入したロンドン。その間に旦那くんとあの近所のベトナム料理を食べに行ったり…
f:id:misiu_teddy:20201220072134j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201220072150j:plain:h200
Tier3に突入する前日にすご〜く美味しいパスタを食べたりしたのですが
f:id:misiu_teddy:20201220072257j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201220072401j:plain:h200
(店員呼びつけてオリーブオイルの銘柄まで聞くという。1本37ポンドと言われて慄く…)
f:id:misiu_teddy:20201220072637j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201220072728j:plain:h200
www.officina00.co.uk
f:id:misiu_teddy:20201220072952j:plain:h200
このお店凄い美味しかった。価格もそこまで高くない。ちなみに、キューピーマヨネーズ使ってて旦那くんが「あれ…キューピー…?」って言ったら「おう、キューピーだ(・ω・)δ」って見せてくれたが…w

やっとロックダウン明けたし〜と美容院に行ったんですよ。いつも同じ美容院で、日本人の美容師さん

美「ロンドンがTier4になるらしいんですよ」
私「…は?Tier3までじゃないんですか。仕事でも調べてますが、4が存在するなんて聞いてないですけど!?」
美「それが、今日お客さんに言われて知ったんですよ〜。『Tier4になったら美容院閉まりますよね?』って。美容院はNon essentialでダメですって〜。今ボリスが会見してるはずですよ。いつから始まるんですかね?」
私「ええっ。BBC見てみよう…えっ?ちょっと英語力に自信が…wえっと…えっと…明日の朝からとか書いてあるんですけど!?2週間後に再度見直し…?普通日曜日から始めます!?よ…読み間違えたかな…?(まじで5回ぐらい読んだ)いやどう考えても明日の朝からって書いてある(;´д`)」
美「ええっ!?明日も予約結構いっぱいなのに!?お客さんに連絡しなきゃいけないじゃないですか!うわああああめんどうくっさー!!!( ̄◇ ̄;)飲まなきゃやってらんない!!」
私「おい旦那くん!明日からTier4なのっ!?(英語)」←旦那くん来てた
夫「うん、そうだね(英語)」
私「うわー!あいつが言うんじゃ間違いねー!!!!なんで日曜からー!?Tier3だの4だのビザじゃないんだから(;´д`)」

もう超びっくり(;´д`)まじ、髪の毛切ってもらえて良かった…。「ラッキーですね!」って言われたし。その後帰宅してラジオもネットのニュースもそればかり。
まぁ、家で過ごすのは全く嫌いじゃないどころか普段家から出ないと評判なんで別にいいんですけど…。我が家、どうせクリスマスは25日以外旦那くんは仕事だし、帰省したり家族で過ごしたりしないしね。せめて(買えるのかいまだによくわからない)新居で過ごしたい_| ̄|○

韓国人の友達が最近ポーリッシュポタリーラブ(だけどポーランドに行けない涙)なのでクリスマスプレゼントに偶然発見したポーランド人経営の東欧系雑貨屋へ買いに行ったんだけど、まじ買いに行けてよかったヽ(;´ω`)ノ
前に行った時は全然お客さんいなかったから閑古鳥かと思えば、クリスマス前+コロナで(入店制限していて)小さいお店の外に行列できててびっくりしたよ…

そもそもこの状況でもクリスマスは例外で家族と集える!って施策がなんだかおかしいと思うけど。
さて、こういうことになるとロンドンではどうなるかってーと…
www.leeds-live.co.uk


ロンドンからソッコー逃げ出す(;´д`)

日本人は(いや他のアジア人も)『欲しがりません勝つまでは』って感じですけど、こっちの人は堪え性が全くないので『自粛』とかムッリー(でも、観察してると他の西欧に比べると比較的イギリス人は大人しい気もしなくもないが…)

私なんか1年以上日本に帰れてないのに…(-_-)
ストレス発散のため日本のAmazonで買い物する日々よヽ(;´ω`)ノ

・クリスマスだから?
駅になんかいた
f:id:misiu_teddy:20201220154551j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201220154614j:plain:h200
クッキーもろた
f:id:misiu_teddy:20201220154716j:plain:h200
本人はマスクつけてなかったがクッキーの方はつけている

ミッション364日目

・気がつけば結婚4周年
本当はドラえもんの誕生日に入籍(相手が外国人のためこの表現には語弊がある)したかったのだけど、そんなこと言ったら1年近く待たなければいけなかったので、手近ないい夫婦の日に一人で市役所に書類提出しに行って(イギリス人たちには偽装結婚かと怪しまれて…)早4年
…それにしても流石に忘れないだろう!ネット見ればいい夫婦の日って大騒ぎしてるしよーと思いつつ結構忘れがち_| ̄|○
f:id:misiu_teddy:20201129205118j:plain:h200
記念日とか覚えるのムッリ〜
f:id:misiu_teddy:20201129205350j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129205436j:plain:h200
…お義母様が「結婚記念日おめでとう!(ポーランド語で)」って毎年メッセージくれるから忘れずに済むんですけど( ̄◇ ̄;)
しかも今年は、日曜日で私は休みなのに旦那くんは仕事でいないし〜〜_(:3 」∠)_ロックダウンで外食もできないし〜〜
夫婦仲は自他共に認める仲良しさなので、特に離婚危機も全く無くフツーに過ごしております。さしあたって旦那くんに大きな不満もなし…

・政治話
仕事でアメリカの西海岸と電話。色々とアホ話してた_(:3 」∠)_

私「選挙投票した〜?」
米「もちろんしたよ」
私「どっちが好き?」
米「トランプは好きじゃないよ。でも、バイデンも好きじゃないよ…」

バイデンが勝ったけど、はて。

エディンバラ3日目は宮殿とお城へ
エディンバラ滞在3日目。この日はエリザベス女王の夏の滞在地、ホリールードハウス宮殿エディンバラ城のチケットを予約しておいたのだ。夏の間、エリザベス女王がこっちに来ている時はロンドンのバッキンガム宮殿の見学ができるのと逆で、夏の間に女王が滞在しているとこっちが見学できないらしい。バッキンガム宮殿は、確か既に3回ぐらい行ってる笑
f:id:misiu_teddy:20201108161106j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201108161349j:plain:h200
なんか、旦那くんが中の写真撮ってたんだけど…帰宅して調べるところ、実は宮殿内部は撮影禁止だったとか…(汗)

えっ…言ってよ…。( ̄◇ ̄;)

うちの旦那くんめっちゃでかいカメラでぱしゃぱしゃ撮ってたのに誰も何も言わなかったんですけどー!撮影禁止の表示も見当たらず…(あった...?全然見なかったと思う汗)。バッキンガム宮殿と同じ扱いなのね…
キッチンで「あ、キッチンは撮影禁止なんです、向こうはいいんだけど〜」とか言われてたし( ̄◇ ̄;)
もう客もスタッフも少なさすぎて…多分…皆、寝てたんじゃ?面倒臭かったのかも…おしゃべりに夢中になってたスタッフも…汗
f:id:misiu_teddy:20201108162146j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201108162426j:plain:h200
…大変失礼いたしました_| ̄|○
f:id:misiu_teddy:20201111041419j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201111042043j:plain:h200
この廃墟になっている寺院が素敵だった。しかし廃墟になった致命的な理由は…暴徒に壊された屋根の改装に失敗したから( ̄◇ ̄;)なんかAbbeyの廃墟が多い気がするけどそれって宗教改革の影響?
しかし私からしたらめっちゃ広くて掃除も面倒臭そうなのにロイヤルファミリーに「広すぎなくてちょうどいいサイズ」とか言われてる宮殿…あと、無料で画面付きの日本語オーディオガイドが借りられて、いろいろ説明が聞けた上にこのオーディオガイドはうまく工夫されていて中々よかったんですが、女性の日本語吹き替えの声が可愛すぎて気になった…w
f:id:misiu_teddy:20201108161829j:plain:h200
この帽子どこかで見たぞ
f:id:misiu_teddy:20201108161909j:plain:h200
あつ森!!!!!(スコットランドの軍帽)

バッキンガム宮殿と全く同じようなお土産コーナーがあり、クイーンズギャラリー(ロイヤルコレクション、つまり女王陛下所持の絵画の美術館・ロンドンにもある)もあって、クイーンズギャラリーはちょっと行きたかったけど、疲れてたので行かず。今年は王室、こういった観光の収入が全然無いみたいでお金ないらしいっすよ…
f:id:misiu_teddy:20201129202952j:plain:h200
そしてカフェで過ごした後に、エディンバラ城へ行く…が
f:id:misiu_teddy:20201129200211j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129200323j:plain:h200
だっ…誰もいない…汗
f:id:misiu_teddy:20201129202910j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129203125j:plain:h200
全くいない、というわけじゃなかったんだけどー…。
f:id:misiu_teddy:20201129204530j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129204703j:plain:h200
大砲はともかく、ユニコーンの大きさってちょっとわかんないんですけど…
f:id:misiu_teddy:20201129201403j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129201600j:plain:h200
…「ヨセギ」じゃなくて「ヨセキ」では…。意外と小さいお城。元々こういう場所に建っているのも軍事的要塞の観点からなので、なんというか絢爛豪華な宮殿とは違い、無骨なお城(なので、メアリー一世は宮殿の方が好きだったみたい)
f:id:misiu_teddy:20201129202446j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129202527j:plain:h200
イギリスの全部の王朝調べたわけじゃないけれど、イギリスって王より女王の方が強い気がするので、日本の女系天皇反対とか見ると全くバカバカしく感じますわ…
f:id:misiu_teddy:20201129204845j:plain:h200
エディンバラを旅行するとスコットランド女王メアリー1世の名前をよく見るんですけど、彼女は人気があるんですよね。ちなみに今のロイヤルファミリーは彼女の家系。ヴィクトリア女王時代は大英帝国の繁栄期だし、エリザベス女王が人気なのは言わずもがな…
一方で、エドワード8世(エリザベス女王のおじさん)は王冠をかけた恋で恋愛で1年で退位しちゃうし、チャールズはあんなだし(ぉぃ)、同じくエリザベス女王の息子のアンドルー王子は今児童売春スキャンダルに巻き込まれてるし、とにかく男性は自由奔放すぎてスキャンダルが多すぎる( ̄◇ ̄;)ヘンリー8世も結婚/離婚回数が凄かったし、そういや現代のヘンリー王子も…頼りになるのはウィリアムぐらいか…?
f:id:misiu_teddy:20201129203407j:plain:h200
お城の中にヴィクトリア朝時代のワンちゃん墓地があった
f:id:misiu_teddy:20201129204142j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129204344j:plain:h200
崖の上にあるだけあって眺めがめちゃくちゃ良いっす
f:id:misiu_teddy:20201129205717j:plain:h200
お馴染みのロンドンオリンピック、金メダリスト輩出のゴールデンポスト。自転車男子チームスプリント、クリス・ホイのもの。クリス・ホイは男子競輪でも金メダル取ったので、別の場所にもう一個ポストがあるみたい
なお、イギリスのポストにはどの治世に建てられたものかマークがついているけれど、スコットランドではエリザベス1世イングランドアイルランドの女王であって、エリザベス『2世』は認められない、ということでイングランドとか他にあるエリザベス2世マークはついてない。なんか過激派の抗議活動でポストが爆破されたとか…

そんなこんなで、翌日は昼までダラダラして電車でロンドンに帰宅したのでした。あー次は…レストランやパブが開いてる時に行きたい…笑

・カムデンタウンのギリシャ料理の店
結構前(つまりロックダウンになる前)に、韓国人友達のお勧めでカムデンタウンのギリシャ料理の店に行った。
f:id:misiu_teddy:20201129203623j:plain:h200
魚がめっちゃ美味ー!!!超美味しかった!!!タコむっちゃ柔らか〜い!あと店の人がとても親切〜!!!
f:id:misiu_teddy:20201129203800j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201129203931j:plain:h200
食べながら色々、日本や韓国の政治話をしたり、友達にアタックしてきた日本人男性たちの話を聞いたりwwwロンドンやソウルの物件購入話、韓国の愚痴を聞いたりした。ニュースでもやっているけれど、ソウルでは最近、ロンドン以上に地価が爆上がりで大変なことに…汗

韓「ソウルに住んでると、人を値踏みしなきゃいけないのが辛い。いい大学出てるか?とか、どんな仕事に就いているか?とか、外車に乗ってるか?お金はどれぐらいあってどんなステータスか?とかね。相手の言動や身につけてるものからお互いに瞬時に計算すんの。皆で同じもの持って同じファッションしているのも嫌!!!最近はね、韓国車なんか乗ってるのはダメなの。KIAやヒュンダイは超ダサくてありえない、BMWとかベンツとかテスラとかレクサスとか、必ず外車!そして大きい車!結婚して車持ってないと変な人扱いだし。東京だったら、別に車なんか持ってなくてもいいじゃん!?だーかーらー私は東京に住みたいの!コロナもね、イギリスは感染率が高くて怖いよ。でも韓国よりリラックスできる。皆コロナに対して凄〜く神経質になってるから気を使うのが超大変だし…」

最近の韓国での流行は「シャネルのカバン、グッチのBeeスニーカー、ジバンシィのソックススニーカー、ルイスポールセンの照明」…らしい。
最近の日本では失われつつあるその競争力と購買力が今日の韓国経済を作ってきたのでは…?と思いつつも、やっている方としては疲れるばかり、らしい(他の韓国人も言ってた)。また、韓国で大流行、一家に一枚レベルであるというイギリスの食器ポートメリオンについてもこき下ろしていた…てか初めて知ったこの食器
f:id:misiu_teddy:20201129200552j:plain:h250
日本は日本でまた違う面倒くさいこといっぱいあるけどなぁ…。

・出るわ出るわ
家を買っているのかも忘れそうなぐらい、特に事務弁護士からも何も連絡がない。一応、進んではいるらしい
周りの人に聞いたところ(イギリス人も日本人も)、イギリスで家を買うのは本当にストレスフルのようだ( ̄◇ ̄;)
証言1「事務弁護士が手続きした登記簿の住所が思い切り間違っていて、役所が認めず約1年戦った」
証言2「手続きが全然進まず結局半年ぐらいかかった。事務弁護士も登記簿も書類が間違いだらけ。登記簿の私の名前も間違ってた」
証言3「クリスマスに入るとこの国何も進まなくなるじゃん、年明けたら担当の事務弁護士が突然退職していた。あと賃貸で借りてた前の住人が引っ越し先がないとか言って中々出て行かなかった」

証言4(最強)「ローンも通って手続き全てがどんどん進んでいた最後の最後で購入決めていた家に法律違反の改装箇所があることが発覚して全てがご破産になった(当然、銀行手数料、事務弁護士手数料全部返ってこない)

「日本は過剰サービスで…」と思っていたけど、実際にこっちのいい加減サービスに当たる苦労を知らないからそう言えるのでは…という気もしてきた。人生の局面で平気でやらかしてくれると、やはりどう頑張っても殺意が沸くのである
別に菓子折持ってきて謝ったりはしなくていいけど、頼むから「普通に」仕事してほしい…

ミッション363日目

・旅先で珍しく喧嘩する
朝っぱらから旦那くんと大喧嘩。そもそも私は毎日仕事のこともあり起きるのが早く(6時半から7時半までには起きる)、旦那くんは仕事も何もなければいつまで経っても寝ているので、朝ごはん食べるのも我慢して待っていたのに、起きたら起きたで「口座に見覚えのない引き落としがあった!」と言い出してギャーギャー騒ぎだしてそっちに集中して動かない…
てか、引き落とし先…どう考えてもそれ、住宅ローンの銀行の調査費用と手数料じゃね…?(-_-;;;)と言っても「違う!わからないんだ!」と言い出す…。「ローンアドバイザーに聞けばいいじゃん…」と言って電話するように促したらなぜかテキスト送ってるし…(当然すぐに返事などこない)
「不正使用疑うならカード止めたら?銀行に連絡したら?」と言うと「どうしてそんな極端な提案をするんだ!」とか言うし…。朝ごはんを食べようよと言っても「俺は今考えているんだ!!考えさせろ!!」とか言い出す。いや、自分で考えてもわからないからギャーギャー言ってるんじゃん…?

あー、めんどっくせー!!!腹減ったし!!!せっかく晴れたのに午前中こいつのこれで潰れるのか〜!!ムカつく!!!
大体、旦那がこういうこと言い出す時は絶対自分の支払い把握してないの!!前もこうやって「フランスから不正使用が!!!なぜなのか今、考えているんだ!」とか言って自分で予約したパリのホテル代金だったし!!!

頭に来て一人で朝ごはん食べに行こうと近所のカフェ調べて出て行こうとしたら結局旦那もついてきた。
そして、調べてここにしようと思ったカフェは…恨み言つきで閉まっていた…( ̄◇ ̄;)うっそ!
f:id:misiu_teddy:20201107071917j:plain:h200
カフェ『うちはカフェじゃないから開けちゃだめなんだってさ!!!!😡』

結局別の開いているカフェで朝ごはん食べた
f:id:misiu_teddy:20201107071156j:plain:h200
夫「住宅ローンの調査費用と手数料だった、貰った書類やっと見つけた!書いてあったよ、金額一緒だ、あははw」

あははwじゃねー!!!(怒)だから言っただろーがー!!!!!つか、なんで把握してないんじゃー!!!!💢
f:id:misiu_teddy:20201107070940j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201107072148j:plain:h200
はー、ムカムカ…。せっかく晴れたのでまたカールトンヒルに行ってみる。
f:id:misiu_teddy:20201107170156j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201107180919j:plain:h200
天気良い〜〜!気持ち良い!←少しだけ機嫌直す
f:id:misiu_teddy:20201107170311j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201107170524j:plain:h200
で、今日は旦那くんが「エディンバラアンダーグラウンドツアー」なるものに行きたいというので予約してた。待ち合わせ場所というチケットブース前に時間前に着くものの…本当にここ?という感じで怪しい…が、ちゃんと時間前にガイドさんが来た…っていうか…

ガイド付きツアーかこれ〜〜!!!Σ( ̄◇ ̄;)しかも客、うちらだけー!!!

歴史系の全く知識がなくて知らない用語満載の英語での解説は結構辛い…つうか全くわからないことも多い…。そして何が困るって、うちの旦那くんはポーランド人の中でもかーなりの英語達者*1なんだけど…ノリが悪いんだよ〜〜!!!!涙
ああ〜…予習してくればよかった〜!!!涙
そんなこと気にしなくてもいいのに、私は「旦那くんの代わりに…も…盛り上げないと…!」と思ってしまうのだ_| ̄|○

ガ「あのてっぺんの動物はなんでしょう〜!?」

私「はい!ペガサスです!!(`・ω・´)ノビシッ!」

ガ「このマークはなんでしょうか?」

私「…アレイスター・クロウリーですか?(´・ω・`)」

夫「誰それ」

ガ「あ〜!はいはい!アレイスター・クロウリーのマークはちょっと違うかな(^^)」

お…お…おおおまえもなんか答えろ〜〜〜〜!!!!!_| ̄|○(内心)

というわけでエディンバラの歴史も大変学べる意義深いツアーでした。というかですね…エディンバラはオールドタウンのエリアとニュータウンのエリアがあるのですが、昔は「オールドタウン(旧市街)」(そんなに広くない)に100,000人以上の人が詰まっていた超過密都市だったそうで。
f:id:misiu_teddy:20201107172024j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201107175638j:plain:h200
エディンバラのオールドタウンにはこういう小道がい〜っぱいあるんですけど、それらは全てメインストリートに繋がる住宅の入り口だったそう。それぞれの小道にはその小道に因んだが名前がつけられていて、こうやって看板がついていたり名前の由来の説明板がついていたりする。例えば「アンカー通り(Anchor close)」はThe Anchor Tavernというパブに因んでつけられて、詩人ロバート・バーンズの著作やブリタニア百科事典の初版を印刷した印刷所があったとか、「法務総裁通り(Advocate's close)」はスコットランドの法改革に携わったジェームズ・スチュワートに因むとか…(Load Advocate)
f:id:misiu_teddy:20201107174934j:plain:h200
なんか微妙な名前の小道もあるぞ…と思ったらaだった。uかと思った汗
…で、ニュータウン(新市街地)ができてお金持ちはそちらに引っ越してしまい。当時は今のようなしっかりした下水施設なんてものは当然なく、皆「バケツ」に用を足しては窓から投げ捨ててたそうで…汚(お)パリと一緒ね( ̄◇ ̄;)
そんで、今駅のあるあたりは昔池だったそうなのですが、オールドタウンの坂道を下って全てその池に糞尿は流れ着き、しかし水不足になるとその池の水を飲料水として飲んでいたそうです…_| ̄|○そもそも、中世の時代、ビールっつぅかエールは不衛生な水を飲むための一つの殺菌方法だったわけですが…。

ここで一句。ヨーロッパ、美しい街並みには糞尿ありけり…_| ̄|○(字余り)

大体、この道の可愛いハート❤︎も公開処刑の場所だし。
f:id:misiu_teddy:20201107072629j:plain:h200
このハートに唾を吐くと「幸運を祈る」(汚いな!)らしいが、本来はここに刑務所があって、それを軽蔑する意味だったそうで…。公開処刑とか物騒な言葉とかう●ことかが頻繁に出てくる…(涙)
f:id:misiu_teddy:20201107175816j:plain:h200
で、このツアー。エディンバラ・ヴォルトというところを案内してくれる。オールド・タウンの一角に入口があり、ヨイショと入ると今普通にカフェとかある建物の中に異質な空間が( ̄◇ ̄;)元々は金庫室だったそうですが、その後スラム化。「バークとヘア連続殺人事件」について説明してもらいましたよ!
昔は医学校に死体が売れたんですな。で、19世紀になり医学が発達するに辺り需要が増え、解剖用の死体不足に。そのため死体泥棒が横行したとのこと、そういえばロンドンにある一番小さい家は死体泥棒が墓に入れないようにするために建てられたんだったような…
で。ウィリアム・バークとウィリアム・ヘアって2人が1920年代後半から死体を売るために連続殺人を犯してるんだけど、その2人が犠牲者を探していたと言われていたのが、このスラム化していたエディンバラ・ヴォルトだったとかなんとかかんとか。一説ですが。
また、ヴァイオレット・スピアーズという人が交霊会を行って信者を増やしていたり…たった20年前に怪異が起きたり…(「あっはっは、ご心配なく、20年前の話ですし〜」とかガイド言ってたけど、いや20年前って2000年代ですよね?)
f:id:misiu_teddy:20201107181109j:plain:h200
夫「あ〜楽しかった〜!面白かった〜!」

私「つ…疲れた…_| ̄|○
f:id:misiu_teddy:20201107074436j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201107074521j:plain:h200
オサレなカフェを見つけたので引きこもってました(´・ω・`)
f:id:misiu_teddy:20201107074611j:plain:h200
この蜂蜜ケーキ超美味い。これはあれかな、ロシアとかチェコにある蜂蜜ケーキかな。超美味い…けど、こっちのカフェはサンドイッチかケーキばっかでちょっと辛い…
f:id:misiu_teddy:20201107180326j:plain:h200
翌日にチケット取ってあるけど、天気が悪そうなのでエディンバラ城の写真撮りに行ったりとか。写真を頼んだロンドンから来たという男性に話しかけられる。「どこから来たの?」夫「ポーランド」私「日本」、そりゃエキゾチックなカップルだね〜とか言われたけど、いやうちらもとどのつまりロンドンから来たんだけどな?とかちょっと思ったり…
f:id:misiu_teddy:20201107180535j:plain:h200
天然の要塞とはいえ凄いところに建ってんな。

6時を過ぎると途端に店も閉まってしまうので、スーパー寄ってビールとつまみをまた買って、テレビ見ていたのでした(健康的な旅行)

・もう信じられない
いろいろ一悶着がありつつもローンもなんとか通り*2、あとは事務弁護士がやるだけだし、と思って余裕ぶっこいていたら

銀行から来た書類のローン金額が大幅に間違ってたんだけどな怒

銀行が数字間違えるとか信じられる!?しかも100ポンドレベルの間違いじゃないんですよ。これじゃ頭金払えるか!ローンアドバイザー訴えてやる!!!って息巻いたぐらい。絶対私、「18(eighteen)」と「80(eighty)」聞き間違えたと思ってる(うせやろ…?)
おかげで間違いを発見した旦那くん寝込んでしまいましたからね_| ̄|○
ポーランド人だから(?)何もかも疑い深く、大手のものを信じられない旦那くんは、銀行が詐欺を働こうとしたと思い込んでいる始末…そりゃねえだろ流石に…(と思いたい)
ぜってー某大手銀行では口座作らねえ!と誓ったのでした…

中国嫁日記 ママたいへん編

中国嫁日記 ママたいへん編

Kindleで読んだ。ちょうど住宅購入の話が載っていて、日本はいいな…そんなに不動産屋が協力的なのか…。わー仕事も早そう、ローンも下りやすいんだね…と思いました…( ̄◇ ̄;)

・仕事がない
韓国人の友達はYMSビザ(Tier5、イギリスのワーホリみたいなやつ)で来ていて今絶賛仕事探し中。何故かこういうの上手い旦那くんが彼女のCV(履歴書・イギリスでは通常CVと呼ばれることが多い)を確認して直したりしたんだけど

韓国のエージェント「あー…Tier5ですか…。ビザの期間が短いと中々難しいんですよね…しかも今求人が…」

日本のエージェント「CVよく書けてますね!でも、今本当に求人が少なくて…。頑張って紹介させて頂こうとは思うんですが…」←友達は日本語もすこーし喋れる

うーん。( ̄◇ ̄;)見つかるといいなぁ…
とりあえず金無くなったらうち引っ越すし(上手くいけば_| ̄|○)、当分1部屋余るから居候していいよ、と言っといた…

*1:英文科系の院卒で、ポーランドの英語教師の資格を持っている・昔はロンドンにいるポーランド人は皆英語喋れて凄いなあと思っていたが、最近は『正直英語レベルは人による』ということを知る…

*2:イギリスは2007年のアメリカのサブプライムローン危機以降ローンを通すのが割と厳しくなり、通らないこともよくあるとか…。しかも、今コロナのせいで更なる貸し渋りが起きているみたいで、頭金5%から組めたローンが今は10%は最低ないと無理みたいですよ…。それに家の査定額も下げられて大変な目に…。ちなみに外国人で永住権が無い人がローンを組むのはもっとハードルが上がり、頭金がもっと必要になったりします

ミッション362日目

エディンバラ街歩き
到着日は何も観光地は予約せず、カールトンヒルへ行くことへ。眺めが良いはずなんだけど、雨…天気が悪い…w
f:id:misiu_teddy:20201104164248j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201104164339j:plain:h200
とはいえ、エディンバラは市街地はなんせ世界遺産。建物も美しくて町歩きしてるだけで結構楽しい
f:id:misiu_teddy:20201104164438j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201104164542j:plain:h200
めっちゃきれいじゃない?
f:id:misiu_teddy:20201105050847j:plain:h200
そして海外からの観光客は全滅だし、人が全然おらーん…です。コロナなかったら観光客いっぱいなのかなぁ…?
f:id:misiu_teddy:20201104165158j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201104165411j:plain:h200
エディンバラのフォトジェニックで有名なヴィクトリアストリートも、なんだかがらーん。設計者はスコットランドの建築家、トーマス・ハミルトン。作られたのは1830年頃。今はインスタ映えなこの通りができる前は市内アクセスに急な坂を登らなければならず大変だったそうだ
f:id:misiu_teddy:20201104165453j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201104165720j:plain:h200
スーパーに入ったら「スコットランドだなー」という新聞が
f:id:misiu_teddy:20201104170248j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201104170330j:plain:h200
ずっと小雨降ってたけど、町歩きを終える頃にはきれいな夕日っ✨
f:id:misiu_teddy:20201104170609j:plain:h200
エディンバラの旧市街には建物と建物との間に小道がたくさんあるのですが、
f:id:misiu_teddy:20201105043743j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201105043838j:plain:h200
そんな小道を歩いてたら道にこんな文字が
f:id:misiu_teddy:20201105043930j:plain:h200
Makars' Courtという場所で、たくさんの記念碑があった。「Makar」はスコットランド語で「ファッション、構築、制作、準備などを行う人」だけど「文学作品の作者、詩人」を表す言葉でもあるらしく。それぞれの記念碑にはスコットランド文学の中からの引用が刻まれているみたい。John Galtの「Annals of the Parish」の引用、「birr and smeddum」…って何?って思って調べたらスコットランド語で「Birr」は「熱意」、「Smeddum」は「意欲」らしい…
f:id:misiu_teddy:20201105044853j:plain:h200
こっちは1900年代の作家、Iain Crichton Smithの"The Beginning of a New Song"から。
それにしてもパブやレストラン使えないって予想以上に辛いな〜…。しかも泊まったホテルがイマイチな上に、確か宿泊客相手にはレストラン開いて良いはずなんだけど、宿泊客が相当少ないのか閉まってた…。ルームサービスでデリバリー頼めたけど高い上に大したことなくて、超超超いまいち…。日本のコンビニの方がず〜っとマシ…そうか、日本ならコンビニあるもんね…
おかげで、スーパーで適当なおつまみ買って食べてビール飲んでびっくりするぐらいホテルでイギリスのテレビ見た_(:3 」∠)_家にテレビ無くてイギリスのテレビ見ることが普段皆無なんだけど、結構面白いのあるし、イギリスのスカパー的なやつ契約したくなった…
引っ越したらテレビ買うつもりだからそしたら考えよ…笑

・ロックダウンなんて当然で、もう呆れるしかない
駅で、マスクをしない人を見つけて、走って追いかける交通警察と、走って逃げるマスクをしない若者…

…そこまでマスク嫌か?(-_-;;;)
※病気とかだったらしなくても良いので、逃げる必要ないです…

私なら交通警察から逃げる方が面倒くさいけどな…。
流石のイギリスも罰金強化、取締り強化でかーなりマスクするようになったけど、しない人はどこまでもしないのだ…

欧州各国の政府はなんとしてもクリスマス期間のロックダウンは避けたいんだと思う。だってクリスマスに命かけて生きてるし、こっちの人たち。
日本のテレビで若者が「こんな時にハロウィンで仮装するのは…周りの目も気になるし…」と。
爪の垢を煎じて飲ませたいわこっちの連中に…。
f:id:misiu_teddy:20201104171000j:plain:h200 f:id:misiu_teddy:20201104171043j:plain:h200
また、デンマークヒルの中華料理、シルクロードに行ったんです(最高)。で、その後パブ行こうってなって、Wetherspoon(格安パブ)に行ったんですよ。そしたら遅くなるにつれ続々集まる若者たち…そうだここ、大学のある学生街だった…。
ハロウィンパーティーしてたみたいっす…(ちなみに政府的にこれ、NGですよもちろん。同居じゃない限り7人以上で屋内のパブに集うのも当然ダメ…大学の宿舎で一緒は同居人か?)
f:id:misiu_teddy:20201104164726j:plain:h200
やたらセクシーなマリオとルイージいるし。
もうギャーギャーギャーギャー大騒ぎ!真面目な警備員が「集うな!7人以上はダメだ!」と何度注意するも全然聞きやしねえ。そもそも完全にパーティーしてるし_| ̄|○
政府の規制で全てのパブは10時までしか開けられないので、10時近くなり店員が怒鳴りつけながら追い出してました…

そして家の近所の駅前、警察が凄い集まっており、若者が警官に花火を投げつけたりしている。やたらと落ちてる卵。一体何事?事件?と思いつつ歩いていると、近くでFワード満載で大声で電話している奴が(-_-)

電「花火皆でやってたらよぉ!!!ポリ公が来やがってよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!まじつまんねー!!!ガチクソ!!!」

…ガイフォークスデーが近いので、集まって花火してたらしいんですわ…。しまいにはその花火を通行人やバスに向けて撃ち始めたため、警察が来たらしいっす…あほか。

普段はね、政府に従う日本人はどうかと思うし、周りの目を気にしすぎるのもどうかと思うけど、コロナウイルスに関しては、こっちの「周りの目を気にしない、自分のやりたいことをやる。我慢なんかしない。政府には逆らう!」(もちろん人によりますよ。きちんと守ってる人は頭にきてるはず)とはどうも超相性が悪い…。

ワーホリとか何かで渡航悩んでる人たち、正直本当にお勧めしない。というか…来ても楽しめるのかどうか…。周辺各国に旅行もできないし…
あ〜…どうせロックダウンするなら新居引っ越してからロックダウンしたかった(-_-)
新居の手続き、イギリスに振り回されてます…_| ̄|○時間かかりすぎ。日本ならこんなことやってる間に家一件建つだろー!!!