Goodbye Happiness, Hello Sadness

なぜロンドンで暮らしてるのか正直よくわからない

ミッション258日目

・緑色のその鳥は
こないだ、旦那くんとダイエット兼散歩のためにハイドパークに行ったら、なんか木に鳥がいたんだけど…
f:id:misiu_teddy:20180726043349j:plain:h200
これって…ワカケホンセイインコ…?もしか…して…?いや、私あんまり鳥詳しくないんだけど…
へー!イギリスで野生で生息…

…してないだろー!!!!(; ・`д・´)

外来種やんけー!!!ペットが逃げたりして繁殖して問題になってるみたい( ̄◇ ̄;)っていうか、日本でも最近ではそうとか…
f:id:misiu_teddy:20180726043458j:plain:h200
そんなことはつゆ知らず、本人(本鳥?)は自由を満喫中。ロンドン、冬はそこまで寒くないとはいえ、冬大丈夫なのかなぁ?

・大枚はたいて家の時計買った
日本にいるときは朝、テレビを点けて時間を見てた。今、イギリスのテレビは家にない(そもそもイギリスのテレビが朝時計を表示してたか覚えてない)。いちいち携帯の小さい画面見たりつけたりするの面倒くさい、から思い切って壁掛け時計買った
f:id:misiu_teddy:20180728153931j:plain:h200
…雑貨とかインテリア好きな人は思うんじゃないかなって思うんだけど、「TWEMCOの時計?」って。でも違うの。これ、Graysonって会社のやつなの…。そういやTwemcoの時計昔欲しかったけど、イギリスでも売ってるのかなって探したら出てきたのがこのGraysonって会社。
www.graysonclocks.com
パタパタ時計、社名のロゴが違うだけで売っているものもデザインも値段もほぼ全く一緒…(Twemcoのがおしゃれなカラーやコラボが多いと思う)。Twemcoと何か関係があるのかな…ってちょっと両社のHPちらっと見てみたけど、関係わからん。Twemcoは香港のメーカーで、Graysonはイギリスだからもしかしたらなんか関係あるのかも…
考えたらこの国はサマータイムがあるので時計合わせ面倒くさいな…って思って電波時計が欲しくなったので、UKで動くこちらを購入。HPから注文したら即送ってきた。黒が欲しかったんだけど、黒の電波時計は無いみたい。Twemcoならあるんだけどなー

・難しい質問
旦那くんから唐突に「ジャパンアルプスに行ったことある?」って聞かれた。は?
行ったことあるかないか聞かれたら…あるけど…日本アルプスって広いんですけど…汗
なんか、いつも一緒に働く人じゃないんだけど、同僚が日本に行く予定で、日本行きのチケットも既に取ってて日本アルプスに行きたいらしい。なんでもその同僚さんは、日本語の学位を持ってて(でも本人曰く「お恥ずかしながらそんなに日本語は話せない…」)、今は鉄道員をやってるけど、定年までやる気はさらさら無いらしく、日本に住む気はないけれど将来的には日本と日系ブラジル人に関する事業をしたいとかで、貯金と日本語とポルトガル語の勉強に励んでるらしい( ̄◇ ̄;)
いろんな人いるな〜
とりあえず長野行けば?って言いましたけど…

・そういえば
無事にイギリスの免許を取得したけれど、実は日本の免許がちゃんと大使館経由で帰ってきた。平日しか引き取れないので旦那くんに委任状を持たせ、仕事帰りに日本大使館に行ってとってきてくれた。用紙に日本の免許番号を書いてくれって言われて、日本語100%の免許証のどれが免許番号なのかわからず一瞬焦ったみたい(´・ω・`)

私「大使館の人に聞けばよかったじゃん」
夫「だって!ここで聞いたら免許証番号も知らない不審者だと疑われるんだと思ったんだよう!!!」

…いや、委任状に思いっきり「夫」って書いてあるんだけど(旦那くん読めないけど)。しかも嫁のパスポートまで持参してるのに
結局「おそらくこれだろう」という番号を書いて見事に当たったみたい
f:id:misiu_teddy:20180728160526j:plain:h200
会社の人がこの方法で免許を取得した時、結局免許証は戻ってこなかったとか( ̄◇ ̄;)結構周りに戻ってこない人いるとか( ̄◇ ̄;)だから戻ってくるかドキドキしてたの。そりゃ日本に帰れば再発行してもらえるけど、免許センター行くのに免許が必要なんだもん!
…といっても会社の人もう5年以上前の話なので、最近では打率上がったんじゃない…(と思いたいなぁ。ネットで見た限りみんな結構戻ってきてたし)

というわけで戻ってこないリスクはやっぱりあるみたいよ、ってことで

・本読んだ
バッタ博士の本読んだ。結構前に読み終わったんだけど記録するの忘れてたみたい

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタって凄いなと思ったし、博士が仕事を獲ることができて最後、異様に感動した。モーリタニア凄い